旅々台北.com台北日和

2012年8月30日

和定食と甘味が楽しめる 仟軒茶屋

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
外観

外観

日式炸鶏塊定食

日式炸鶏塊定食

店内の様子

店内の様子

味噌梅花肉定食

味噌梅花肉定食

煎茶と玄米茶、抹茶冰淇淋と黑糖葛粉

煎茶と玄米茶、抹茶冰淇淋と黑糖葛粉

 東区の216巷沿いは多くのレストランが立ち並び、お店の入れ替わりが激しい飲食店の激戦区です。今回、紹介する「仟軒茶屋」は、2003年にこの場所にオープンして、本場の味とお手頃価格で徐々に常連客を増やして、グルメ達からの噂も広がり、東区で10年近く変わらずに営業を続けているお店です。

日本のお茶の販売もあります お店に入ると日本の雰囲気を感じることができます。木造の梁や薄暗い照明とオレンジ色の壁により作り出される雰囲気の中で食事をすると、家庭的で温かい気持ちになりますよ。このお店を経営しているのは輸入貿易会社のため、食材は全て日本から輸入されたものばかりです。メニューに付いてくるお茶やお漬物はショーケースで販売されていて、気に入ったものは購入することができます。

 料理は家庭的で手作り感のある定食がメインとなっています。泡菜梅花肉定食「味噌梅花肉(豚みそ定食/220元)」は、日本のゴマ味噌を使い、少し濃い目の味わいがご飯によく合います。「泡菜梅花肉(豚キムチ定食/220元)」は、お店オリジナルのキムチのカリッと感とフワフワの豚ばら肉がとても良く合い、辛く酸っぱい味わいは、夏にぴったりです。

 ボリュームたっぷりの「日式炸雞塊(日本風からあげ定食/240元)」は、鶏一羽分のもも肉を使っていて、多くの若者から人気があります。自家製の衣を付けて、外はカリッと中は軟らかくジューシーに揚げています。お皿から溢れそうな唐揚げはとても食べ応えがありますよ。鹽烤鯖魚定食オススメの「鹽烤鯖魚(塩さば定食/240元)」は、じっくりと焼き上げられた塩さばの良い香りが漂い、適度な塩味がご飯に良く合う一品です。

 どの定食にも、ご飯、白味噌汁、煮物、2種類の小料理が付きます。40元の追加料金でセットコースにすると、抹茶冰淇淋(抹茶アイスクリーム)か黒糖葛粉(黒糖葛きり)のどちらかが選べます。抹茶冰淇淋は、静岡抹茶で作られていて爽やかなお茶の香りとさっぱりと上品な味わいが特徴です。玄米のあられがふりかけられていて良いアクセントになっていますよ。黒糖葛粉は台湾では珍しいデザートで、甘い黒蜜に滑らかな葛きりが浸っていて、ひんやり冷たい、夏にぴったりな一品です。食事の後には、冷たい煎茶か温かい玄米茶が選べますよ。

食べ放題のお漬物 平日は午後2時から、休日は一日中、アフタヌーンティータイムがあります。黒糖葛粉や紅豆抹茶蒟蒻(あずき抹茶こんにゃく)などは単品でも注文ができるので、和風の甘味でちょっと一休みもできますよ。
(記者:Dee)

【仟軒茶屋】
住所:台北市忠孝東路四段216巷40弄9號
電話:02-8771-3702
営業時間:11:30-21:30
定休日:日曜日
交通:MRT忠孝敦化駅3番出口から徒歩4分
URL:http://www.kanekyu.com.tw/
近くのスポットを検索