旅々台北.com台北日和

2012年6月7日

座れる立ち呑み屋 大眾立吞酒場

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の外観

お店の外観

醤燒烤鶏腿肉

醤燒烤鶏腿肉

店内の一角

店内の一角

串焼きいろいろ

串焼きいろいろ

友人達と一杯飲むにはもってこいです 大眾立吞酒場は台北市の東西を結ぶ市民大道の脇にあるお店です。台北市に夜の帳が降り始めると市民大道は帰宅を急ぐ人でとても賑やかになり、大眾立吞酒場には、ぽっと明かりが灯り仕事帰りのサラリーマンが集まり始めます。オーナーは日本から“立ち呑み屋”の概念を取り込み台湾風にアレンジしました。夜になるとワイワイとした食事風景や仕事後の解放感などで溢れています。

 日本人だとお店に書かれた「起立、礼、カンパイ」の文字で笑みがこぼれますよね。お店の外にはプラスチックの椅子やパイプ椅子、ビールケースで作られたテーブルが並び、立ち呑みしなくてもよいようになっていますが、雰囲気はまさに日本の立ち呑み屋さんです。飾らない雰囲気なので、いつの間にかリラックスして楽しい雰囲気へと溶け込ませてくれますよ。

蔬菜串燒 オープンキッチンからは香ばしい匂いが漂ってきます。店内の串焼きは均一40元。串焼きは全て塩焼きか醤油焼きの二つから選択できます。「醤燒烤鶏腿肉(鶏もも肉の醤油焼き)」はオーナーお薦めの一品です。鶏もも肉は軟らかく肉汁たっぷり。外側の皮はパリパリで、食感も楽しめませてくれます。また「豬五花肉(豚バラ肉)」は余分な脂が落とされてカリッと香ばしく焼き上げられています。ちょっと塩をかけると味に深みがでて絶品です。串焼きには野菜もあり、しいたけ、とうもろこし、ピーマン、アワビダケなどバランス良く楽しめます。海鮮では柳葉魚(ししゃも)を外側が黄金色になるまで焼き、その上に塩を少々振ってレモン汁をかけていただきます。柳葉魚塩味が効いているだけでなくみっちりと身が詰まったししゃもの卵にも驚きです。居酒屋といえばやはりお酒も見逃せません。「小政梅酒(150元/杯)」と「柚子酒(180元/杯)」は女性受け間違いありません。さっぱりとまろやかな口当たりで飲みやすく、仕事を終えてからほろ酔い気分を味わいたい時にはもってこいの一品です。大人気の「嗨波(ハイボール/150元)」は、サントリーのウィスキーを基本に、雪碧(スプライト)とレモン汁で割ったもので、シュワッと爽快な炭酸が夏にぴったりのカクテルです。

 仕事終わりには慌しく帰宅せずにふらっと立ち寄ってみませんか。お酒と数本の串焼きで素敵な一日のラストを飾れますよ。
(記者:Anny)

【大眾立吞酒場】
住所:台北市市民大道四段8號1樓
電話:02-2721-3720
営業時間:18:30-AM2:00
定休日:日曜日
交通:MRT忠孝復興駅5番出口から徒歩約5分
近くのスポットを検索