旅々台北.com台北日和

2012年3月27日

台湾先住民グッズなら Ayoi台北華山支店

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
品揃え豊富

品揃え豊富

采佾皮雕工作坊の牛革商品

采佾皮雕工作坊の牛革商品

「野人現曝」素朴なネックレス

「野人現曝」素朴なネックレス

梵妮司創意服飾

梵妮司創意服飾

店員さん(中国語のみ)

店員さん(中国語のみ)

お店の入り口
嘉蘭部落芭依工坊の作品
人気ナンバーワンの携帯ケース
各族を融合した商品もたくさん

 台湾の先住民(台湾では原住民という)は約49万人で総人口数の2%を占めています。現在、台湾政府に認定された先住民族は計14族で、アミ族(阿美族)、タイヤル族(泰雅族)、パイワン族(排湾族)、ブヌン族(布農族)、プユマ族(卑南族)、ルカイ族(魯凱族)、ツォウ族(鄒族)、サイシャット族(賽夏族)、タオ族(達悟/雅美族)、サオ族(邵族)、クバラン族(噶瑪蘭族)、タロコ族(太魯閣族)、サキザヤ族(撒奇莱雅族)、セデック族(賽徳克族)です。2011年12月に台湾政府の行政院原住民委員会が先住民の業者と提携し、「Ayoi先住民精品百家店」を立ち上げ、先住民風のブランド商品を販売し始めました。台北華山1914文創園區のほか、高雄にも支店が設けられました。

 Ayoiとはタオ族語でありがとうの意味という、店内には蘭嶼の飛魚漁の木舟、チヌリクランの文様などが描かれています。百家店の名とおり、計100以上の納入業者があり、こちらの台北支店は約40~50軒の先住民業者の商品が販売されています。すべての商品は各族の先住民によりデザイン、製造され、収益はもちろん先住民に還元し、先住民が創業しやすくなる仕組みです。店員さんももちろん先住民で、各族の歴史と特徴に詳しいので、早速一押しの商品を紹介しましょう。

 アミ族とプユマ族の特徴から発想した「采佾皮雕工作坊」の製品は、女性を象徴する百合とバラなどを取り入れ、牛革の筆袋、小銭入れ、財布などが製作されています。「野人現曝」はルカイ族とパイワン族の伝統的な陶器の琉璃珠を創作し、個性的で素朴なネックレスが多く、さらに山での狩りの勝利を象徴するイノシシの牙をモチーフにしたネックレスもあります。伝統的で女性らしいブレスレットなどを求めるなら台東の「嘉蘭部落芭依工坊」をオススメします。パイワン族のお母さんたちが嘉蘭部落の雰囲気を取り入れデザインしましたそうですうよ。伝統的な衣服を改良し、アイディアあふれる服飾を創造するのは「梵妮司創意服飾」。タロコ族の祖先の菱形文様をモチーフにした拉格蘭の上着(1680元)を創出しました。

 小物なら「拉格斯先住民文化空間」がデザインした14族のかわいいイラスト入れの携帯ケース(180元~200元)が手ごろな価格で買えますよ。先住民文化を旅の思い出にしたいのなら、「Wind Music」が発行した台湾先住民音楽シリーズCD(315元~)を見逃せません。台湾先住民グッズに興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。
(記者:Akira)

【阿優依原住民精品百家店 台北華山門市 Ayoi Taiwan Indigenous Specialty Boutique】
住所:台北市八德路一段1號(華山1914文創園區中四B館)
電話:02-2395-7660
営業時間:日~木11:00-19:00 金土11:00-21:00
定休日:無
交通:MRT忠孝新生駅1番出口から徒歩約4分
近くのスポットを検索