旅々台北.com台北日和

2012年2月9日

台湾最大級 台中逢甲夜市

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
 
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
官芝霖大腸包小腸

官芝霖大腸包小腸

印度拉茶

印度拉茶

金牌巨無霸香酥臭豆腐

金牌巨無霸香酥臭豆腐

逢甲夜市

逢甲夜市

 台北最大の夜市といえば士林夜市ですが、台中最大の夜市は逢甲夜市。どちらが大きいのと聞かれても困りますが、とにかく台湾で最大級の夜市はこの2つです。逢甲夜市はおおまかに、文華路、西屯路、逢甲路に囲まれたエリアですが、ハイライトは文華路の逢甲大学前から西屯路交差点にかけてのエリアで、食べ物の屋台やゲーム、雑貨店、服飾店、カフェなどが並び、週末ともなると立錐の余地もないくらいです。

官芝霖大腸包小腸 その逢甲夜市で最長の行列を誇るのが「官芝霖大腸包小腸」。逢甲大学前の逢甲路沿いに屋台がありますが、30人以上の行列は当たり前。あまりに行列が長いので、すぐ近くに2号店もできたというお店です。大腸包小腸は腸詰されたもち米で台湾風ソーセージを包んだもので、見た目はライスホットドッグです。大腸包小腸調理中干し大根、酸菜、きゅうりなどの野菜がたっぷり挟まれています。基本の「原味」は刻んだピーナツがかけられていますが、他にもピリ辛味、黒胡椒味、ワサビ味、にんにく味があり、どれも40元です。ちなみにお好みで自分専用の味にもしてくれますよ。また、台北の師大夜市にも出店しています。

熊手包のチキンカツバーガー 次にご紹介するのは「熊手包」。逢甲大学沿いの文華路127巷や、福星路&河南路の交差点付近にお店があります。熊の手の形の中華パンでカツを挟んだバーガーでカツは鶏もも、ピリ辛鶏もも、チーズとんかつ、イカ、フィッシュが選べ、中華パンはミルク、黒糖、全麦、またソースは、きのこ、黒胡椒、ワサビ、スイートチリ、照焼き、タルタルが選べます。お値段は50~60元ですが、カツがでかいので夕食替わりにもなるくらいです。

印度拉茶 バーガーを買ったらドリンクも、ということで逢甲大学前のミルクティーの屋台「印度拉茶」に行ってみました。ここではインド紅茶をはじめ6種類のミルクティ(35元)が売られています。ここではミルクティーはカップではなくポリ袋に入れてくれるので持ち運びには注意が必要です。この屋台はチェーン店なのであちこちで見かけますよ。

 台湾の夜市といえば臭豆腐、逢甲夜市で臭豆腐といえば逢甲路20巷にある「金牌巨無霸香酥臭豆腐」。50元とやや高めのお値段なのに、どんどん売れています。お店のおすすめは「地獄麻辣」だそうですが、ちょっと怖いので普通の「原味脆皮」にしてみました。揚げ臭豆腐なので、あの臭さは低減されていますが、それでも士林夜市のマイルド系と比べるとかなりの臭さ。臭豆腐好きな方にはおすすめです。

 また、女の子同士でゆっくり落ち着きたいのなら、以前にご紹介した「糖姫」もおすすめです。もちろん食べ物以外のお店や屋台もずらりと並んでいます。台中に宿泊する機会があれば、逢甲夜市は見逃せません。
(記者:Ryn)

【台中逢甲夜市】
住所:台中市文華路、逢甲路周辺
営業時間:17:00~AM1:00頃
交通:台湾鉄道台中駅からタクシー約10分
近くのスポットを検索