旅々台北.com台北日和

2012年2月2日

寒い冬にぴったりの温かな料理 一桶鮮

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の外観

お店の外観

目立つ看板

目立つ看板

牛丼飯

牛丼飯

活力丼

活力丼

 師範大学体育館の側にある「一桶鮮」は、多くの学生達がお薦めする超人気店です。小さな路地にあるのに、学生やサラリーマンの間に口コミで伝わったんですよ! オーナーは食材の新鮮さにものすごく熱意があり、コストのことは脇に置いておいて、必ずその当日に食材を仕入れることにこだわっています。リーズナブルな価格で素晴らしい料理が食べられるとあって、オープンして一年あまりなのに、いつも多くの常連客でいっぱいなんですよ。

シンプルな座席 店内に入ると内装のシンプルさにびっくり。全体的にとっても明るく快適で、窓側の席は特に大人気です。おいしい料理を堪能しながら窓の外の道行く人や夜景を楽しむことができますよ。一桶鮮は日本風の家庭料理がメインでメニューの種類も豊富! 前菜、飲料、焼き物、揚げ物、丼物、カレー、あんかけ物、海鮮など、日本の居酒屋スタイルとそっくりですよね。しかし、メニューは創意工夫され、若者受けがいい料理となっています。壁にはお客さんの満足した笑顔の写真がいっぱいに貼られ、とっても心温まりますよ。

たくさんのお客さんが記念にサインをします 店内を見渡すとやはりどのテーブルも、看板メニューである桶に乗った丼物を注文している模様。例えば「牛丼飯(牛丼)/168元」は、敷き詰められたぴかぴかの白ご飯の上に、鍋から取り出されたばかりの五花牛(ばら肉)がかけられています。この料理は脂肪分が比較的多いオーストラリア産のバラ肉を使用し、それを特製ソースの中に入れて煮ます。保温性の高い「鶯歌」オーダーメイドの陶器の碗に入れれば、香ばしい香りが立ち上り、一口食べればまた一口とやみ付きになりますよ。日本でオーダーメイドした松の木の桶で保温性もばつぐんです。寒い日に一口食べれば体がぽかぽか暖かくなること間違いありません。また上にのせられた卵がするっと喉越しをよくしてくれますよ!

 お店では花蓮の米達人によって作られた有機栽培の新鮮な米を毎日配送してもらっています。丸くふっくらとしていて、牛丼の上にのっている屏東E能健紅蛋(屏東産の赤い卵)とよく合います。卵黄はみずみずしくて破れにくく、いい香りがします。

 また「活力丼」(138元)もオーナーお薦めの一品。厳選された大粒の牡蠣が新鮮なうまみを与えてくれ、これが台湾産の生しいたけと軟らかな豆腐、そして新鮮な蝦の卵とよく合うんです。とろっとした炒り卵と一緒に混ぜて食べれば、底のご飯にも海鮮の旨みが充満し、新鮮でとってもおいしいですよ。

蘋果燒醬香菇 焼き料理もありますよ。たとえば「蘋果燒醬香菇(リンゴソースの焼きしいたけ)/2串60元」はシンプルながらとっても美味しい料理です。ちょっぴり甘い焼肉のソースはなかなかの日本風で、食べ終えた後に塩辛さが残りません。しいたけの香りが口の中いっぱいに広がり、幸せいっぱいですね。

  どの料理はシンプルでおいしく、オーナーの真心が伝わってきます。厳選した新鮮食材を使用しながら、リーズナブルな価格で付近の学生に料理を提供しています。もしちょっとボリュームが足りないなあっと思ったらご飯の追加もでき、また68元を払うと小菜とサイダーなどの飲料が食べ放題飲み放題になります。「一桶鮮」が大人気の理由がわかりますね。

*10%のサービス料が必要です。
*最低消費100元
(記者:Alice)

【一桶鮮】
住所:台北市浦城街1-5號
電話:02-23621219
営業時間:11:30~14:00/17:30~22:00
定休日:無
交通:MRT台電大樓駅3番出口から徒歩約6分
URL:http://www.yuji2011.com/
近くのスポットを検索