旅々台北.com台北日和

2011年6月13日

お母さんの味 歐卡桑日式家味料理

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
栄養満点で美味しいハンバーグ

栄養満点で美味しいハンバーグ

ご飯に良く合う豚キムチ

ご飯に良く合う豚キムチ

日本の家庭料理の肉じゃが

日本の家庭料理の肉じゃが

和風デザートのバナナロール

和風デザートのバナナロール

歐卡桑の入り口
温かい雰囲気の店内
定食には、ご飯・前菜・味噌汁・サラダ・茶碗蒸しが付きます
人気のジューシーで柔らかな、から揚げ(120元)

 日本人観光客がよく立寄る永康街はたくさんのレストランが集中しているエリアで、名店がたくさん隠れています。永康街周辺の住民に大人気で、以前台北日和でもご紹介したパン屋さんの「小珍珠烘焙坊」もそのひとつ。今日ご紹介するのは、2010年10月にオープンしたばかりの「歐卡桑日式家味料理」です。食事時になるといつも席がなくなる程の混雑ぶり。日本語の「お母さん」という音からとったこの店名「歐卡桑(Oukasang)」の通り、どの料理も愛情のこもった母の味で栄養満点です。

 店内はシンプルでとても温かい雰囲気。ランチタイムやディナータイムの定食以外にも、串焼きなどの居酒屋の1品料理も味わえるため日本人のお客さんの「1杯飲んで気晴らし・・・」にもってこいですね。また壁には黒板に書かれた特別メニューが掛けられています。宜蘭の漁場と契約しているため、週末には新鮮な魚がたくさん届きます。金・土・日曜日は要チェックですよ。新鮮な魚料理が食べたいあなたは週末を見逃さないでくださいね。

 お店のイチオシは「漢堡排蛋包飯定食(ハンバーグオムライス定食/275元)」です。新鮮な野菜と鳥の軟骨入りの豚ミンチ肉・玉ねぎを一緒に捏ねてハンバーグをつくります。軟骨入りのハンバーグはあまり見かけないですよね。軟骨には栄養がたっぷり含まれているんですよ。ハンバーグは愛のこもったお母さんの味。そしてオムライスは卵がトロトロ、中のカレー風味のライスが卵と相性ぴったりです。

 「馬鈴薯燉肉定食(肉じゃが定食/235元)」は日本の代表的な家庭料理です。「歐卡桑」の味付けは上品な味で、柔らかく煮込まれたじゃがいもや豚肉に味が染み込んでいて、食欲をそそります。シェフ曰く「歐卡桑の料理は全て本場の味を忠実に再現しており、日本の家庭料理の味がお楽しみ頂けます。」とのことですよ。

 「泡菜松阪豬定食(豚キムチ定食/285元)」も、今や日本料理ではお馴染の料理のひとつ。「歐卡桑」では、松阪豬肉と呼ばれる、豚の首の後ろ側の肉を使用し、鉄板で熱してあつあつのまま提供できるように工夫してい ます。あつあつの豚キムチは、キムチの酸味が豚肉にとてもマッチしていてご飯が進みます。

 最後にデザートの紹介です。「香蕉捲(バナナロール/70元)」です。バナナと小豆を春巻きの皮に包んだ後、油でさっと揚げます。火の通ったバナナはほのかな酸味が爽やかで、甘さ控えめの小豆とカラッとあがった春巻きの皮がよく合います。バナナ味のアイスクリームをかけて食べると美味しさも倍増ですよ。

 「歐卡桑」の料理の80%以上は手作りで、メニューも頻繁に更新しています。心温まる、懐かしいお母さんの味を楽しんでみてください。
(記者:Daisy)

【歐卡桑日式家味料理Oukasang】
住所:台北市大安區永康街31巷6號
電話:02-2394-0707
営業時間:月~金11:30-14:30/17:00-22:00、土・日11:00-22:00
定休日:無
交通:MRT東門駅から徒歩7分
URL:http://oukasang.pixnet.net/blog
近くのスポットを検索