旅々台北.com台北日和

2011年3月10日

台湾文化が満喫できるカフェ 好,丘

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
15種類もあるベーグル

15種類もあるベーグル

台湾産のフルーツジャム

台湾産のフルーツジャム

快適なイートインスペース

快適なイートインスペース

雑貨コーナー

雑貨コーナー

 眷村の外省人文化と歴史的価値の高いスポット、四四南村は以前ご紹介しましたが、ここに眷村時代の建物を利用したカフェ、好丘(good cho’s)があります。お店のすべてがgood choiceであるように、すばらしい人やものが好丘に集まり、お店が台北のgood choiceとなるように、という意味が込められています。

外観 四四南村という場所柄、レトロでトラディショナルな雰囲気が漂う店内では、セミオープンキッチンともいえる伝統的な厨房様式を取り入れています。懐かしさ溢れる木の窓枠に花模様のすりガラスも、昔ながらの雰囲気を盛りたてており、その向う側でベーグルを作っている様子も見られますよ。使われているテーブルやライト、イスなどはすべてアンティーク。生活感の入り混じったあたたかなレトロ感が味わえる空間となっています。

店内 好,丘のカフェメニューはベーグルが主役。実はこのメニューも眷村文化に通じているのです!外省人は麺や饅頭などの粉ものを主食としていましたが、ベーグルも西洋でいうところの饅頭と同じ。ということで、ベーグルをメインメニューとしているのだそう。LE GOUTというベーカリーと共同で作っており、サツマイモやマンゴー、パイナップルなど、台湾産の食材を直接ベーグル生地に練り込んでるのが特徴です。そのまま食べるのももちろんいいですが、ソースをつけてもおいしいですよ。地瓜乳酪起司(40元)は、サツマイモとチーズがいい具合にとろけ合い、香りもよく、歯ごたえのよいベーグルとも相性抜群です。

ソファー席 店内には、台湾の伝統を取り入れたメイド・イン・タイワンのオリジナル雑貨販売スペースがあります。取り扱っている食品や雑貨は、好,丘がじっくりとセレクトしたものばかりです。台湾製であるのはもちろんのこと、商品の背後にあるストーリーや精神性が商品選びの基準なのだとか。お店にはアート作品の展示スペースもあるのでのぞいてみてくださいね。

台北101の近く 台湾文化や眷村ならではの雰囲気を体験するなら、四四南村の好,丘がおススメ。現代と伝統が共存する空間で、台湾産のおいしいベーグルをどうぞ!
(記者:Ellin)

【好,丘(good cho’s)】
住所:台北市松勤街54號(信義公民會館C館)
電話:02-27582609
営業時間:平日11:00-21:30 土日10:00-18:00
定休日:月曜日
交通:MRT市政府駅からタクシーで約5分
URL:http://tw.streetvoice.com/profile/home.asp?sd=743530
近くのスポットを検索