旅々台北.com台北日和

2011年1月31日

龍山寺 ご縁結びの素食麺 吉縁素食

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
南瓜麺

南瓜麺

當歸麺線

當歸麺線

豆皮湯

豆皮湯

 台湾は食べ物が美味しい!それゆえ、滞在中についつい食べ過ぎてしまうことはありませんか?旅先だと食事も偏りがち。台北を旅行中にちょっとさっぱりしたものが食べたい、でも台湾らしいものがいい、と思う機会があったなら、今回ご紹介するお店は最適です!

外観 場所はMRT龍山寺駅を降りてすぐの繁華街の中。観光地のど真ん中にあるので場所がわかりやすいのもポイント。お店の名前は「吉縁素食」。ハートマークの中に吉縁の文字が入っているロゴが目印です。龍山寺に縁結びの神様が祭られているところからきているのでしょうか。吉縁とは、何やら縁起がよさそうな雰囲気です。お店は素食がベースで、中でも麺が中心のラインナップ。

オレンジ色がきれいな南瓜 麺類は約14種類ほどのメニューから選ぶことができます。おすすめは、なかなかお目にかかることのない南瓜麺(55元)。お店の外には、この南瓜麺に使われる南瓜が並んでいるのですが、きれいなオレンジ色がなんとも美味しそう。台湾産の日本品種の南瓜を使っているのだそうです。肝心のお味はといえば、ほんのり甘い南瓜が美味しく、なんとも優しい味です。全体的に薄めでさっぱりとした味付けなので、南瓜の甘みが引き立ちます。クコの実が甘酸っぱくて、それもまたいいアクセント。

厨房で直接メニューを選ぶこともできます 麺類でもうひとつおすすめしたいのが、當歸麺線(55元)。當歸(当帰)とは、漢方の一種で、体を温め貧血にも効果があるそうです。寒い冬、とくに女性には必須ですね!ちなみに、當歸はスープのだしに使われているだけのようで、実際に食べるわけではありません。全体的に漢方の味がベースにありますが、苦みや違和感は全くなく、ツルツルの麺線とよくマッチした味付け。南瓜麺よりはやや味が強く、具材の豆皮にもしっかり味が染みてジューシーです。黄色い金針花の味もまたよく効いています。

 そして最後に、豆皮湯も頼んでみました。豆皮は湯葉のような、でも湯葉よりは固めでしっかりした歯ごたえがあるもので、そのままスープに入れたり、揚げてから鍋に入れたり、台湾ではよく食べられている食材。吉縁素食の豆皮湯はとても香ばしく、まろやかなスープの味とマッチしていておすすめです。

店内の様子 台北旅行中にさっぱりしたものが食べたい方、素食に興味がある方、もしくは吉縁に興味のある方!龍山寺を訪れる機会があったらぜひぜひ立ち寄ってみてくださいね!!
(記者:Izuta)

【吉縁素食】
住所:台北市萬華區和平西路3段109巷15號(三六圓仔店のとなり)
電話:02-2308-7717
営業時間:10:30-20:00
定休日:なし
交通:MRT龍山寺駅から徒歩約 1分
近くのスポットを検索