旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年12月7日

濱江市場の家庭風食堂


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の前

お店の前

台南意麺

台南意麺

肝連

肝連

 朝から晩までにぎわう濱江市場には、露店や商店がずらりと並んでいます。そんな通りから裏道に入り通りかかったのが、今日ご紹介するこちらの小さな食堂です。元気いっぱいの濱江市場とは対照的に、さほど商売っ気の感じられないお店です。

店内 10名も入れば満員になってしまいそうな店内には、1人で食べに来るお客さんが多い様子。どうも自宅を食堂にしているようで、奥の部屋には先祖を祀った仏壇が見えます。台湾のご飯屋さんにはよくテレビが置かれ、ニュース番組を流していますが、このお店で流れているのはニュースではなく、メロドラマ的な番組。店全体に昼間の一般家庭の雰囲気が漂っています。

陽春麺 メニューは麺がメインで後はおかずやスープが少々、という内容。注文したのは台南意麺(30元)、陽春麺(30元)に、空心菜(30元)と肝連(45元)というブタの肝臓付近のお肉です。

 台南意麺は油葱の香りが程よくきいたスープと縮れた意麺の相性がぴったり。かなり使い込まれたお碗に盛られ登場した陽春麺は、肉みそダレにモヤシやネギを添え、ごくごく素朴にシンプルに仕上げた一品です。肝連は、醤油ベースのタレにパクチー、ネギ、針しょうがでさっぱりといただきます。コリコリとまではいきませんが、歯ごたえも楽しめるお肉です。

空心菜 無名の小さな食堂といえども、こちらでは台湾の味が十二分に満喫できます。あまり目立つお店ではありませんが、通りかかった時にはぶらりと入ってみてください。
(記者:Mei)

【濱江市場の家庭風食堂】
住所:台北市龍江路342巷エリア
営業時間:お食事時(昼・夜)
定休日:不定期
交通:MRT中山國中駅から徒歩約15分
近くのスポットを検索