旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年6月25日

本と素敵なひと時を 時光二手書店


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
店内

店内

外観

外観

店内

店内

オリジナルアイテム

オリジナルアイテム

いたるところにレトロな演出 花蓮には古い日本風家屋が数多く残っています。今回紹介する時光二手書店もその一つで、和の雰囲気が漂う古い木造家屋でした。オーナーは壁をクリーム色に窓格子をブルーに塗り替えて、お洒落な書店として大変身させたのです。青空の下にたたずむ青春のような建物の扉を開けると、木が生み出す素朴さとたくさんの本が気持ちを落ち着かせてくれます。

 時が止まったかのような錯覚に陥る店内は、できるだけ陽光が入るよう本棚の配置に気を使っていて、窓際のテーブル席にはテーブルライトもあり、本を読むお客さんに読書に最適な空間を提供しています。静かな空気の中に、心温まるディスプレイや本棚、使い込まれたテーブルが並び、ソファもあり、どこでもリラックスして本を選べるようになっています。

ハーブティ 本棚には、台湾文学、外国文学、現代文学、雑誌など様々なジャンルの本が揃っています。漫画や児童向けの本に中古CDもあるので、どの年齢の子供を連れてきても何かしら興味を引くものが見つかるはず。休みの日に家族でやってくるのにもぴったりですよ。店内には本だけでなく、オーナーのお友達が作ったというせっけんやカード、小銭入れといったオリジナルグッズが置かれています。これらの遊び心溢れるアイテムはとてもキュート。掘り出し物を見つけ出す楽しみもあるし、何より気持ちを静めてくれる空間なのです。ソファが置かれている閲覧スペースにはドリンク提供のサービスもあるので、コーヒーを飲みながら本を読むこともできますよ。

店内には可愛い犬 店内には2匹の犬がいて、本の山の間を行き来したり大人しく横になっていたり、まるで店長のようです。本棚の前に伏せている様子は、まるで本をじっくり選んでいるようでほほえましい姿です。

 花蓮には大型チェーン書店がみられませんが、個人経営の個性溢れる古本屋なら台北にも負けません。店内に「この空間では雑誌以外に素敵な読書の経験も販売しています」と書かれているように、時光二手書店には一般の本屋以上に文学的雰囲気が溢れています。お気に入りの席で読書に没頭する、そんな素敵な時間の過ごし方を教えてくれるのが時光二手書店なのです。
(記者:Alice)

【時光二手書店】
住所:花蓮市建國路8號
電話:03-835-8312
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休
交通:台湾鉄道花蓮駅から車で約5分
近くのスポットを検索