旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年6月23日

饒河夜市のオモシロ屋台


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
福島屋

福島屋

まるまる焼き

まるまる焼き

山豬肉香腸

山豬肉香腸

まるまる焼き

まるまる焼き

三入り口(塔悠路側)  饒河夜市(正式名称:饒河街觀光夜市)は台北を代表する大型観光夜市です。先まで続く1本道には両脇と中央に屋台がズラリと並び、活気に溢れるその姿は台湾情緒たっぷり。旅行気分をグンと盛り上げてくれます。今回は夜市定番のB級グルメでなく、ちょっと変わった屋台をご紹介します。


法國黑松露炸乳酪 まずは日本のお祭り屋台にも登場するまるまる焼き屋台の福島屋。海を越えてここ饒河夜市にやって来ています。お店の人にちょっと話を聞かせてもらおうとしたところ、なんと日本の方が切り盛りしている屋台でした。お好み焼きのような食べ物で、エビ、ベーコン、キャベツ、ネギ、卵など具沢山なのも魅力です。歩きながら食べられるのが台湾の夜市に見事にマッチするまるまる焼き(50元)。金土日は行列ができる人気の屋台です。ソースやマヨネーズは日本のものを使用しているので、日本の味が恋しくなった時にはぜひこちらへ。

Cheese Wayのチーズフライ
Cheese Wayのチーズフライ

 続いてまるまる焼きのすぐ隣にあるCheese Wayへ。チーズ色の看板にロゴがとってもおしゃれなこちらの屋台では、チーズフライを売っています。人気は法國黑松露炸乳酪(80元/3個)。モッツァレラチーズにトリュフをあわせたものです。メニュー考案には5つ星ホテルのシェフも協力しているそうで、高級感溢れる屋台グルメです。続いての人気チーズフライはチェダーチーズの美國紅切達炸乳酪球(50元/5個)。どちらも甘味と酸味のきいたフレンチソースをつけていただきます。

 今回最後の屋台は、定番じゃないのかと聞かれると微妙なのですが、イノシシ肉ソーセージの屋台、原住民の山豬肉香腸です。豚肉ではないソーセージということで入れてみましたが、それほど珍しくはないと思います。豚肉よりも弾力があるイノシシ肉のソーセージは1本35元。粟餅の串焼きも売っていて、台北市内にいながら原住民グルメが楽しめます。

 夜市では定番以外のグルメ屋台にもぜひ注目してみてくださいね。
(記者:Mei)


【饒河街觀光夜市】
住所:台北市饒河街八徳路4段(慈祐宮前)から塔悠路口のエリア
営業時間:お店により異なりますが17:00-24:00頃まで
交通:台湾鉄道松山駅から徒歩約5分
URL:http://www.raohe.com.tw/
近くのスポットを検索
※地図は塔悠路の入り口辺りを示しています。