旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年5月17日

刀削麺や餡餅や 半畝園


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
大滷麺

大滷麺

特製醋滷拌麺

特製醋滷拌麺

餡餅(右・豬肉餡餅 左・花素餡餅)

餡餅(右・豬肉餡餅 左・花素餡餅)

人気の小菜

人気の小菜

 太さが不均一で、柔らかもっちり、やや固めなどの食感が楽しめる刀削麺。中国北部の料理を出しているお店にはたいていある麺です。半畝園は刀削麺が食べられる他、餡餅や蒸しギョウザなど粉ものメニューが魅力です。

外観
店内

 開店から40年ほどの半畝園は、現在2代目に代替わりし、アメリカや中国にも支店を展開しています。黒をベースにした落ち着きのある店内では、ゆっくり食事をしている年配客の姿が目立ちます。故郷である北中国の味を求めてやってくる外省人のお客さんも少なくないそうです。

 麺メニューは刀削麺か細麺のどちらかが選べます。日本人客にも人気という大滷麺(110元)は具沢山のあんかけ麺。豚肉、エビ、キクラゲ、タマゴ、しいたけ、たけのこなどが入ったあんかけスープは風味豊かで、冷めにくいので体がホカホカ温まります。特製醋滷拌麺(85元)は、ネギ、ニンニク、酢などを炒めて作った花コショウ入りのタレをかけて食べる乾麺。酸味も多少ある独特のタレは、他では食べられない半畝園オリジナルの味です。実際はタレをかけた状態で運ばれてきますが、つややかな自家製刀削麺もぜひ見ていただきたいとタレと麺をわけてもらいました。

 餡餅(37元)には牛肉、豚肉、野菜と3種類あります。香ばしく焼かれた皮の中には肉汁たっぷりの餡がつまっている牛肉餡餅。食べると肉汁がこぼれてしまうことが多いのですが、まず餡餅を一口小さくかじり、かじった穴から肉汁をレンゲに取り、だいたい肉汁を出してから食べるといいそうです。野菜の餡餅は肉汁で悩まされることはなく、青菜、ハルサメ、タマゴ、ニラ、豆干などを細かく刻んだ具を包んだヘルシーな一品です。

 刀削麺や餡餅もさることながら、毎日20種類ほど作っている小菜(小皿料理/各50元)もまた美味。冷蔵ケースにずらりと並ぶ中からセルフサービスで持ってこられますので、注文料理が運ばれてくるまで前菜的にお楽しみください。
(記者:Mei)

【半畝園】
住所:台北市東豊街33號
電話:02-2700-5326
営業時間:11:00~14:00
定休日:なし
交通:MRT大安駅から徒歩約10分
URL:http://www.banmuyuan.com.cn/index2.htm
近くのスポットを検索