旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年4月7日

芯まで本格的な和風味噌ラーメン 旺味拉麺


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
店の入り口

店の入り口

厨房

厨房

北海道味噌チャーシューめん

北海道味噌チャーシューめん

ラーメンを作る様子

ラーメンを作る様子

 台湾で和風のラーメン、しかも本格的な和風味噌ラーメンを食べるのはそう簡単ではありません。でも、今はこの問題が解決されました。

店内の座席 和風ラーメンが食べたい人達のために、旺味拉麺の会社は日本有名なラーメンチェーン店「田所商店」とタイアップして、台湾で純和風日本味噌ラーメン店を出しました。

 旺味拉麺のこだわりは味噌だけで3種類も用意していることで、信州、九州、北海道の3種類あり、好みに合わせて選ぶことができます。

 味が一番濃いのは北海道味噌です。北海道は寒い地域に位置しているので、色は赤っぽく塩分も高いです。その次は信州味噌です。味は北海道味噌より少し薄くて、ほろかな酸味がします。九州は気候が温暖で熟成する時間も短く、味噌は少し甘みが増します。色も薄くなります。

 味噌だけではなく麺にもこだわりがあります。「田所商店」の責任者、田所さんの話によると、台湾では現在使っているような、弾力があり煮るのに強い麺がなかったので、今は麺も日本から輸入しています。日本ラーメンの神髄を来客に伝えたい、とのことでした。

 スープはとんこつと鶏の骨で4時間をかけて煮込んだものです。お店では注文を受けてから作るので、一番新鮮なものをお客さんに出します。田所さんが一番お薦めするのは、北海道チャーシューラーメンです。カウンター席もあります一度食べると、ヤミツキになりますよ、とのことでした。旺味ラーメンのチャーシューの厚さは0.8cm、長さは10cmもあります。それに、チャーシューはお店特製の紅茶水に柔らかくまで漬け、味噌を塗って1日冷凍してから、日本から輸入した機械で3~5分間炙って作ります。表面は少し黄金色に焦げた状態が柔らかさがちょうどよく、香りも長持ちするそうです。

 今回は北海道味噌チャーシューめんと信州味噌チャーシューめんを注文してみました。麺はかなり弾力があって、具沢山で種類豊富です。スープは濃厚で香りがよくて美味しいです。

 北海道味噌チャーシューめんにはもやしや、豚の挽肉を炒めたもの、北海道の農作物の象徴のポテトが入っていました。ポテトが入っているのははじめて見ました。

信州味噌チャーシューめん 信州味噌チャーシューめんは北海道のより薄めで、山菜やきのこ、もやし、肉のそぼろが入っています。信州の特色を感じるラーメンでした。

 実は、日本のラーメンのスープは台湾人にとっては少し塩辛過ぎます。ですから塩辛いと思ったら、店員さんに言えば、薄めるスープを持ってきてくれますよ。

 本格的な日本味噌ラーメンが食べたくなったら、ここ、旺味拉麺に来れば、間違いなしです。
(記者:Ming)

【旺味拉麵】
住所:台北市長安東路二段40號
電話:02-2571-1678
営業時間:11:00~22:00
定休日:無
交通:MRT忠孝新生駅から徒歩約13分
近くのスポットを検索