旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2010年2月23日

柔らかくてジューシーな 慶城海南鶏飯


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
店の入り口

店の入り口

オーナーが鶏肉を捌いてる様子

オーナーが鶏肉を捌いてる様子

1号餐

1号餐

2号餐

2号餐

 慶城海南鶏飯は、お店できてからわずか3年半ですでにかなりの人気店になったお店です。慶城街エリアだけではなく、かなり離れた内湖の会社からも沢山の出前注文が来るほどです。

 このお店は食事の時間になるとすごい行列になります。時間の融通がきく観光客なら、ご飯時を外して早めか遅めに行くのがお薦め。ゆっくり食事ができて、料理を味わうことができますよ。

 忙しく作業中カウンター兼キッチンではスタッフが忙しそうにしています。店内に入ると、レジ担当のスタッフがお客さんの注文を聞きます。すぐに、後ろのキッチンに伝え、ものの3分も立たずに注文したものが出来上がってきます。そのスピードやチームワークには感心します。

 慶城海南鶏飯のメニューはなんと2種類だけ、それも1號餐(1番)と2號餐(2番)というシンプルさ。1番は料理もかなりシンプルで、鶏肉とご飯、きゅうりの漬物のみで一人前60元です。2番は豪華版のチキン&ライスです。鶏肉やご飯以外に、4種類のおかずが入ってますよ。ただし、おかずはその日に仕入れた食材によって毎日違います。この日は玉子焼きや湯葉の醤油煮込み、野菜炒めなどでした。こちらは一人前80元です。値段は両方とも手頃で美味しいですよ。

 チキン&ライスを食べる前に、チキンの皮を見てみましょう。ぷりぷりとした感じで脂身が光っていて美味しそう。最初の一口を食べるととても柔らかくて、ジューシー。食感はすごく良かったです。しかも骨が殆どなくて食べやすいです。 また、なくてはならないのは2種類の特製タレ。一つは緑のタレで、もう一つは赤いタレです。緑のタレは葱と生姜、油、香辛料をミックスしたタレで、香ばしく、赤いタレは甘酸っぱくてさっぱりした味でした。それぞれ好きなものをチキンにかけて、ご飯と一緒に食べましょう。

 オーナーにこのチキン&ライスの美味しい秘訣を聞いところ答えは一言「作り方だよ」とのこと。蒸らすことがポイントだそうで、それにより鶏肉の新鮮さ以外に、甘みも出すことができるそうです。

 店内の様子ちなみに店内はセルフサービスになっています。食事の後は各自で使用した食器などを持って、回収の所に行き、壁に貼ってある指示に従って入れればOKです。

 チキン&ライスは台湾オリジナルの料理ではないですが、「慶城海南鶏飯」で台湾味のチキン&ライスを食べ、他の国のチキン&ライスと比べてみるのも面白いと思いますよ。
(記者:Ming)

【慶城海南雞飯】
住所:台北市慶城街16巷8號
電話:02-8712-1200
営業時間:11:00~21:00
定休日:土、日
交通:MRT南京東路駅より徒歩約5分
近くのスポットを検索