旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年9月10日

黒猫ジジがいる(?)カフェ Mask Cat猫妝


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
貓仔:メス、約5歳

貓仔:メス、約5歳

豆子:オス、約3歳

豆子:オス、約3歳

球球:オス、約3歳

球球:オス、約3歳

キムチ入りチーズサンドイッチ

キムチ入りチーズサンドイッチ

 台北当代芸術館の斜め向かいにあるカフェには「魔女の宅急便」に登場のジジにそっくり黒猫がいるらしい。しかも店名は「猫妝(化粧する猫)」。これは行ってみなければ、ということで早速取材に行ってきました!

お店の外観 猫妝は2003年にオープン、ネコ好きのオーナーは最初、ネコの装飾品をお店一杯に飾りましたがネコは飼っていませんでした。開店から1年後に猫仔(メス、約5歳)を引き受け、その後、豆子(オス、約3歳)と球球(オス、約3歳)を次々に保護、猫がいるカフェに変身しました。でもここは猫カフェではないよとオーナーは強調します。おいしいコーヒーと食事を提供して、お客を満足させるのがお店のモットー。ネコは好きだからいるだけのことだそうです。

内部の様子 オーナーは元美術の教師で店内の絵はすべて自分で描いた作品です。ネコをテーマにした大型の絵は、縦に長くて少々狭い店内空間を視覚に広くしました。どの作品の色も微妙に調和していて、猫妝を神秘的に引き立てています。今は4匹の猫が自由に店内を回し、常連客もまるで自分の家に帰ったように気楽にコーヒーを飲んだり会話を交わしたりして寛いでいます。

 メニューは、中文、英語、日本語の3ヶ国語表記。開いてみると、ドリンクも料理も種類がとても豊富です。今回は軽食セット(200元)を選びました、軽食はメイン7種類から1種類を選び、150元以内のドリンクをつけます。メニューの黒猫マークはおすすめの印、ということで、マークが付いたキムチ入りチーズサンドイッチ(泡菜起司三明治)を選択。香ばしいパニーニに韓国式キムチととろけたチーズが挟まれています。少々辛いキムチとチーズが一体になると、奇妙な美味しさと食感で、これは新発見!

イタリアンパンナコッタ+手作りチーズケーキ
黒糖味スチームミルク

 セットのドリンクは水出しコーヒーにしました。コーヒーの香りが最後まで漂います。デザートは自家製のイタリアンパンナコッタ(義式奶酪30元)と手作りチーズケーキ(香濃起司條50元)を試してみました。パンナコッタはメープルシュガーかマンゴジャムが選べます。100%ミルクから作ったパンナコッタはマンゴジャムとの相性がバッチリ。チーズケーキもミルクとチーズだけを使っているそうで飽きのこない美味しさです。自然を重視するオーナーは、すべての料理は真心を込めて作り、人を感動させたいのだそうです。黒糖味のスチームミルク(黑糖蒸汽牛奶100元)も珍しいので紹介しましょう。温かい黒糖味のスチームミルクが滑らかで黒糖の香りが口の中に広がります。食事メニューも種類が多くて周辺のサラリーマンにお昼や午後に一休みする最適な場所だそうですよ。

 また、オーナーはお店で出すコーヒーの豆は全て自家焙煎しているそうで、コーヒー豆の卸売りもしています。オーナーのこだわりと実力は台北市政府にも認められ、台北コーヒーフェスティバルで2008年から2年連続トップ30のコーヒーショップにランクインしていますよ。当代芸術館周辺にきたら猫妝に寄って、ネコとコーヒーの香りで旅の疲れを癒しましょう。
(記者:Akira)

【貓妝自家烘培咖啡屋(Mask Cat Coffee Tea Restaurant)】
住所:台北市長安西路64號
電話番号:02-2550-0561
営業時間:平日11:00-22:00/土曜11:00-23:00/日曜11:00-20:00
定休日:毎月最終月曜日
交通:MRT中山駅から徒歩約10分