旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年9月7日

あなたは何倍? 廣島つけ麺本舗 ばくだん屋


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
辣味沾汁麺(温麺)

辣味沾汁麺(温麺)

廣島沾汁麺(冷麺)

廣島沾汁麺(冷麺)

個性的な店内

個性的な店内

お客さんが書き残したたくさんのフダ

お客さんが書き残したたくさんのフダ

お店の外観 日本人が多く集まる永康街は日本料理屋が多くある場所でもあります。そこに、広島を拠点に日本全国へ展開している「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」が昨年オープンしました。本場の味が楽しめるということで、最近話題になっています。日本風のラーメン屋は最近台北ではよく見かける存在になりましたが、まだまだ“つけ麺”というスタイルはめずらしいということと、辛さを自分の好みに合わせて自由に調整できるということが、人気を呼んでいるようです。

 さっそくその人気メニューをご紹介します。辣味沾汁麺(温麺)(辛味噌つけそば(温)/180元~)は、暖かいつけ汁のなかに、たっぷりのもやし、メンマ、煮たまご、チャーシュー、そしてネギが添えられています。今回注文したのは標準的な辛さ2倍。でも真っ赤なスープはそれ以上の辛さを想像させます。つけ汁のスープが温かいということもあり食べつづけていると、汗がじんわりにじみ出てきます。ダシの香りがより一層食欲をそそること間違いなし。辣味沾汁麺(温麺)と廣島沾汁麺(冷麺)そして、まだまだ暑い日が続く台湾では、廣島沾汁麺(冷麺)(廣島つけ麺(冷)/180元~)もオススメです。こちらも辛さ2倍をお願いしました。具は、キュウリ、キャベツ、チャーシュー、煮たまご。こちらは麺に添えられていて、具もつけ汁につけていただくスタイルです。具にも麺にもつけ汁がよく絡み、辛いけど、その辛さがクセになる、そんな一品です。

 辛さは0倍(辛味なし)~20倍まで調整が出来ます。標準的な辛さは2倍とのことですが、2倍でも、結構辛さがあるので、辛いのが苦手な人は1倍でも良いかもしれません。

 また、20倍でも物足りない人は、お願いすれば、もっともっと辛さをプラスできますよ。ただ、あまり辛くしすぎると、せっかくのダシのおいしさが消えてしまうので、やはり、20倍くらいまでがオススメのようです。

20倍以上の辛さに挑戦した人たち 店内には訪れたお客さんが書き残していったフダがたくさん飾られていて、なかでも20倍以上に挑戦したお客さんのフダは別スペースに飾られています。目を引くのは、100倍に挑戦したお客さんが意外にも多いということ。

 辛さが調節できるので、辛いのが苦手な人も好きな人も同時に楽しめるのがいいですね。

 このページを印刷してお店へ持っていくと、杏仁豆腐か、からあげ(小)のどちらか1品をサービス。期間は2009年10月7日までですので、皆さんこの機会をお見逃しなく!!
(記事:Say)

【廣島つけ麺本舗 ばくだん屋】
住所:台北市大安区永康街14巷4号
電話:02-2396-8357
営業時間11:00~10:00(ラストオーダーは9:00まで)
交通:MRT東門駅から徒歩6分