旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年8月26日

台湾庶民の味 豬屠口昌吉街豬血湯


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
[日本語]  [中文]
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
お店の前の行列

お店の前の行列

豬血湯

豬血湯

滷肉飯

滷肉飯

調味料コーナー

調味料コーナー

店内の様子 8月の会社の引越しのとき、あらかじめ近くの食べ物屋さんを探索しておこうと歩き回っていたときに見つけたのがこのお店です。店内には30人くらいは座れますが、ランチタイムになると長い行列必至。今回は早めに行ったので、すぐに座れたのですが、オーダーしているうちにお客さんが一斉に入ってきて、店頭には行列ができ、店内には席待ちの人でいっぱいになりました。

 店名が「豬屠口昌吉街豬血湯」ですから看板料理は豬血湯(豚の血スープ)です。ですから今日まずオーダーしたのも豬血湯(40元)。他に、滷肉飯(小30元)、米粉(ビーフン小30元)、燙豆芽(ゆでもやし30元)です。周りのお客さんを見てみると、殆どの人が豬血湯加滷大腸(豚の血スープ煮込み大腸入り)を注文している様子。どうもこれが売れ筋一番のようです。

 さてオーダーの仕方ですが、まずカウンターで注文して、番号札を貰い席に着きますが、人の多い時は先に席を確保してから注文しないと、料理を置くスペースがない事態になるので要注意です。店内の一角に特製の調味料が置かれているのでお好みでどうぞ。種類は酸菜(高菜の漬物)、韮入りソース、刻みニンニク、唐辛子などです。豚の血スープには酸菜を少し入れて食べると、風味が一層よくなります。豚の血スープは滋養たっぷり。表面には油が浮いていますが、飲むと意外にさっぱりしています。豚の血は弾力があって、量も結構入っています。これは紅豆腐とも呼ばれていますよ。

ビーフン
ゆでもやし

 焼ビーフンもお薦めの一つです。このお店はビーフンは水っぽくなくちゃんとビーフンに弾力があります。ビーフンに特製の煮込みのタレや刻みニンニクを入れて食べると、おいしさもさらにアップします。滷肉飯は豚肉のそぼろやシイタケ、豚肉の煮込みタレをかけているのは当たり前ですが、さらにひと工夫。写真の赤いものがそれです。これが何かは実際に食べてみてください!ゆでもやしは、もやしを湯通して特製ソースをかけたもので、鰹節がたっぷり乗っていて日本料理のようです。

 伝統的な台湾の庶民的料理が食べたい時は「昌吉街豬血湯」をお忘れなく。
(記者:Ming)

【豬屠口昌吉街豬血湯】
住所:台北市昌吉街46、48號
電話番号:02-2596-1640
営業時間:平日10:00-21:00
交通:MRT民權西路駅から徒歩約10分