旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年7月23日

5つ星ホテルで期間限定の居酒屋メニュー 三燔本家


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
※写真クリックで大きなサイズの画像が表示されます。
牛肉のタタキ

牛肉のタタキ

アジの開き

アジの開き

トマトとバラ肉の串焼き

トマトとバラ肉の串焼き

キムチの牛肉の巻き寿司

キムチの牛肉の巻き寿司

 台湾を代表するといっても過言ではない5つ星ホテル、台北晶華酒店(グランドフォルモサリージェント)の地下3階には「三燔」という日本料理店があります。「三燔」はここの他に台北101にも支店があり、ホテル内のこのお店は「三燔本家」と呼ばれています。

入り口に並べられた酒樽
店内の様子
 お店の入り口にはたくさんの酒樽が陳列されていますが、実際に店内では数多くの銘柄の日本酒を楽しむことができます。店内は日本のちょっと高級な居酒屋のような雰囲気で、ホール、格子で軽く仕切られた個室、ソファ席、大きめの宴会室などが揃っています。ホテル内のレストランだけあり、席の配置がゆったりとしていて、寛げる雰囲気です。メニューは単品の各種料理、しゃぶしゃぶ、炉辺焼き、焼肉といったものですが、どれも本格的な日本の味なのがうれしいところ。また5つ星ホテルのレストランなのにお値段もリーズナブルです。

 現在、三燔本家では「居酒屋百元料理」という日本の居酒屋メニューのキャンペーン中。メニューはサラダ、焼き物、炒め物、煮物など25種類あり、どれも一品100元均一(サービス料別)。キャンペーン期間は8月31日までとなっています(8月8日、8月26日は除く)。また期間中は3リットルの台湾ビールを注文すると、2本目からは半額になるので、ビール好きな方はお誘いあわせてどうぞ!

 それでは「居酒屋百元料理」からいくつかご紹介しましょう。まずおすすめなのが霜燒薄美國牛肉片洋蔥沙拉(牛肉のタタキ)。玉ねぎのスライスの上に黒胡椒で調味されたアメリカ産牛肉のスモークが乗せられ、だし醤油風のドレッシングがかけられています。酥炸竹筴魚(アジの開き)は駐在の方には懐かしい日本の味で、台湾産の新鮮なアジが使われています。爆漿番茄胸腹肉串(トマトとバラ肉の串焼き)は、日本ではあまり見かけない組み合わせで、少々台湾チックな味わいがうれしいところ。泡菜牛肉卷壽司(キムチの牛肉の巻き寿司)は、創作日本料理の趣きです。

 台湾で日本料理というとトンデモ料理が多いのですが、三燔本家なら安心です。駐在の方はもちろん、観光でいらした方もぜひ足を運んで見てください。
(記事:Ryn)

【三燔本家(台北晶華酒店)】
住所:台北市中山北路二段41號 台北晶華酒店B3F
営業時間:12:00~14:30、18:00~21:30
定休日:なし
交通:MRT中山より徒歩約5分
HP:http://www.grandformosa.com.tw