旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年6月23日

士林にだって朝は来る 士林夜市エリアの朝市


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
士林夜市エリアの朝市

士林夜市エリアの朝市

魚屋

魚屋

ブタ専門露店

ブタ専門露店

シティ・ジャングル裏手側

シティ・ジャングル裏手側

 旅々台北の遊透隊特集で詳細を紹介している士林夜市は、台北最大の夜市。MRTの駅に近く、アクセスが便利なため、台北っ子だけでなく観光客にも人気が高いスポットです。が、士林が熱いのは夜だけじゃありません。年齢層がぐっと入れ替わるものの、午前中だって台湾らしい活気に溢れたところなのです。

 これまで台北日和ではたくさんの朝市(菜市場)を紹介してきましたが、ここ大東路の朝市は規模の大きな青空市場。MRT劍潭駅から大東路へ向かって歩いていくと、先方に朝市でよく使われるカラフルな大パラソルが見えてきます。露店はこの大東路をメインに並んでおり、夕方からオープンする服や靴、雑貨などのお店はまだ眠っています。

スイカの切り売り 元気な台湾語が飛び交うこのエリアの露店は、野菜や果物、魚に肉など生鮮食品を扱うところが大部分です。中には、ブタの心臓・レバー・腸・胃袋など、ブタのあらゆる部位を扱った専門露店や、数種類のショウガに、針ショウガやおろしショウガの量り売りもしている渋いショウガの店などもあり、奥深さを感じさせられます。夜市とは打って変わり、朝市を取り仕切るおじちゃんやおばちゃんたちは、親切でフレンドリーな人が多く、人情味溢れる台湾の人たちに接することができるのも市場の面白いところです。

慈諴宮 大東路から歩いていき、国の三級古跡に指定されている廟、慈諴宮の辺りまで歩くと、露店も少なくなり、そろそろ朝市は終わり。他の市場に比べると、お惣菜の店や小吃(軽食)屋台が少ないようですが、台湾ならではの雰囲気を十分に満喫できる朝市です。時間があれば午前中の士林も楽しんでみてくださいね。

【士林夜市エリアの朝市】
場所:台北市大東路とその周辺
交通:MRT劍潭駅から徒歩約10分

※地図はMRT劍潭駅から歩いて大東路の入り口辺りを指しています。