旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年4月21日

臭い?臭くない?豆腐シリーズ5 臭豆腐ラーメン 同心素食


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
臭豆腐ラーメン

臭豆腐ラーメン

お店の外観

お店の外観

豊富なおかず類

豊富なおかず類

キノコ素排ラーメン

キノコ素排ラーメン

 台湾は素食大国で、ベジタリアンの人口は200万人にも達し、11.5人に1人がベジタリアンだと言われています。宗教上の理由のために素食を食べる人も含めると台湾でのベジタリアン人口はさらに多くなるはずです。そのため、素食のお店やメニューが多いというわけです。屋台料理から、セルフサービスの「自助餐」専門店、茶芸館では回留、素食料理専門のレストラン観世音素菜など、選択肢もさまざまですが、臭豆腐を使うというのは初耳です。

 同心素食はオフィス街の路地裏にあって、4年あまりの歴史があります。メニューはラーメンが中心で、入り口の看板には日本語で大きく「ラーメン」と書かれています。入り口の左側はオープンキッチンで、わりと広い店内では20人ほどが収容可能です。調理担当の奥さんは髪を包んでいるなど衛生面でも気を使っているようです。

 このお店のオーナーは飲食界で20年以上働いており、ラーメンを研究するために東京のラーメンの試食にも行き、台湾人の口に合う素食ラーメンを開発してきました。また不定期に新メニューを考案してきましたが、今回目に留まった臭豆腐ラーメンは、半年ほど前の新メニューなんですよ。

うどんのような特製麺 毎日10食限定の臭豆腐ラーメン(70元)は、いつも開店直後に売り切れになるそうですが、サラリーマンやOLたちもお昼から臭豆腐でもOKていうことでしょう。オーナーがこのラーメンを考案したときは、臭豆腐にあわせるスープで苦労したそうです。トマトスープは調和せず、醤油スープは濃すぎてダメ。最後に決まったのがキノコベースのスープだそうです。そのスープは台湾特産のボタンキノコ(鈕扣菇)と漢方を2時間以上煮込み、薄味にならないようにベジタリアン向けの台湾のバーベキューソース(素沙茶醤)を入れています。ラーメンは三角形の臭豆腐を4枚ずつ載せています。毎日購入する豆腐は厚くて歯触りがよく臭さはあまり感じなくて、ラーメンとの相性バッチリです。麺はうどんに近い太さで、特別にオーダーしています。トッピングに鈕扣菇と油揚げを入れてヘルシーで台湾風味のラーメンのできあがりです。

麺をゆでる奥さん その他、同じくキノコベースのスープを使ったキノコ素排ラーメン(70元)などがあります。素排というのは大豆の繊維で作ったベジタリアン向けの排骨で、肉の香りはしませんが排骨に近い食感。野菜、油揚げ、キノコなどのトッピングと一緒に食べると満足感いっぱいです。機会があればちょっと変わった台湾風ラーメンと臭豆腐の組み合わせはいかがですか。

【同心素食】
住所:台北市中山北路二段96巷19號之5
電話番号:02-2567-3209
営業時間:月曜~金曜11:30~15:00 土曜11:30~14:00
定休日:日曜
交通:MRT双連駅から徒歩5分