旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2009年4月7日

休まず作りつづけます!同心圓水晶紅豆餅


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
同心圓水晶紅豆餅店内

同心圓水晶紅豆餅店内

餡と同心圓水晶紅豆餅

餡と同心圓水晶紅豆餅

同心圓水晶紅豆餅を焼く様子

同心圓水晶紅豆餅を焼く様子

 大判焼は日本でもお馴染みのおやつの1つですが、台湾でも夜市や道の屋台で売っているのをよく見かけます。

 同心圓水晶紅豆餅は、見た目は大判焼きと同じですが中に入っている餡に工夫がしてあります。メニューは全部で8種類。そのうちの3種類(水晶芝麻(ゴマ)、水晶紅豆(あんこ)、水晶花生(ピーナッツ)/各20元)は、餡がくず粉で作った透明の皮に包まれています。オーナーの陳さんにその餡を見せて欲しいとお願いしたところ、こころよく見せていただけました。それはまるで和菓子のようで餡にしてしまうのはもったいないくらい。そしてこの透明の皮が“水晶”と名づけた由来なのだと教えていただきました。

 この3種とともにお店のオススメが招牌奶油(カスタード)で、甘さ控え目のたっぷりな餡が老若男女問わず人気があります。そして聞いて驚いたのが毎日なんと1000個から2000個も売り上げがあるそうです。取材をした当日も次から次へとお客さんがやって来ては買っていき、スタッフの皆さんは休むひまもなく作りつづけていました。さらに、お店をオープンしてから10年間台風の日以外には休んだことがないんだとか。

同心圓 オーナーの陳さんはこちらの店舗の隣で「同心圓」というお店も経営されています。こちらでは、台湾ではおなじみのパイナップルケーキ(10個・300元)や緑豆糕(12個・240元)なども販売しています。特におすすめは南棗核桃糕南棗核桃糕(クルミキャンディー/300g・250元)です。キャラメルのようですが口どけがよく、口に入れた瞬間にクルミの香りが広がります。こちらで販売している商品も一部を除いてほとんどがお店の手作りです。

 小腹がすいたら皆さんおひとついかがですか?

【同心圓水晶紅豆餅】【同心圓】
※両店とも住所・連絡先等は同じですが、店舗が分かれています。
住所:台北市復興南路1段133号
電話:02-2777-4477
営業時間:11:00~20:30
定休日:無し
交通:MRT忠孝復興駅から徒歩約3分