旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年12月8日

社長の牛肉麺! 老董牛肉細粉麺店


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
老董牛肉細粉麺店

老董牛肉細粉麺店

チャンピオン牛肉麺

チャンピオン牛肉麺

ネギ焼餅

ネギ焼餅

半肉半筋トマトしょう油煮牛肉麺

半肉半筋トマトしょう油煮牛肉麺

 牛肉麺といえば台湾の代表的な麺のひとつ。台北には多く牛肉麺のお店があって、お店選びは大変ですね。目指せ!台湾マイスターの「QQ麺館」では数多くの麺屋を紹介しているので参考にしてくださいね。

 さて、今回ご紹介する「老董牛肉細粉麺店」は店名にも秘密があります。店名の「董」は創業者の苗字なんですが、実は「老董」は社長さん(代表取締役=董事長)と呼ぶときの言い方なので、老董牛肉麺は「社長の牛肉麺」と解釈することができるんです。また、この社長の牛肉麺というのは今や単に冗談ではなく、2006年の台北国際牛肉麺フェスティバルの牛肉麺料理王決定戦で伝統的牛肉麺の部で第一位を取ったという、名実ともに「社長の牛肉麺」なんですよ。

 MRT雙連駅近くの旗艦店の内部は3階あって、さっと食べるなら1階、店内(2階)グループでゆっくりするなら2階、きちんとしたディナーなら3階というように分かれています。メニューは牛肉麺の他にもいろいろあります。入り口のメニュー看板を参考にしてもいいですが、お店には日本語のメニューもありますよ。

 おすすめメニューはやはり冠軍牛肉麺2006上湯清燉牛肉麺(チャンピオン牛肉麺2006一番出汁塩味牛肉麺・210元)、さらにこのスープに葱燒餅(ネギ焼餅・30元)をつけながら食べると、もう絶品です。その他、半筋半肉番茄紅燒牛肉麺(半肉半筋トマトしょう油煮牛肉麺・210元)もおすすめ。トマトスープと麺のマッチングはイタリアンパスタを連想させる味わいです。

 どの麺のスープも牛骨を24時間じっくり煮込んだスープで、塩味スープならそのまま、醤油味はキッコーマン醤油を入れます。牛肉はスープで6時間煮込み、とろけるような牛筋はそれからさらに弱火でスープを完全に吸収するまでに煮込みます。オーナー曰く、牛筋はフカヒレのようにコラーゲンたっぷりの美容食材ですが、フカヒレよりも断然安いので、女性はたくさん食べください・・・とのことです。

 日本人に人気のトマト麺はケチャップでトマトを煮ているため、香りがとてもさわやかです。ネギ焼餅のネギは有名な宜蘭の三星ネギを使用。その作り方はオーブンで炙ってから焼くので油っこくなく、レンジやオーブンで再加熱しても風味が落ちないので、たくさん買っていくお客さんが多いそうです。デザートには甘い焼餅もあります。焼餅は店頭で焼きたてを売っています。

劉正雄オーナー オーナーは現在、海外支店を計画中だそうで、数年後に日本にも進出したいとのこと。牛肉麺を国際的料理に育て、日本人が小籠包を愛するように、牛肉麺も愛してもらいたいそうです。

【老董牛肉細粉麺店(雙連旗艦捷運店)】
住所:台北市民生西路35號
電話番号:02-2521-6381
営業時間:11:00~23:00 年中無休
交通:MRT雙連駅から2番出口から徒歩約1分