旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年7月22日

新生 光華商場 光華數位新天地


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
光華數位新天地
1階の様子
フードコート

 高架下の光華商場が取り壊されたのは2006年1月29日。それから約2年半、雑多な狭い臨時店舗で買い物を強いられていたのですが2008年7月19日待望の新店舗がオープンしました。新しいビルは今までの光華商場を覆すような現代的で明るい建物になっています。

吹き抜け まずは1階。正面入口から入ると右手側にASUS, Acer, hp, SONY, SAMSUNG など各メーカのブースが並びます。広くゆったりとしたスペースはまるでCOMPUTEX展示会のよう。各社話題の商品を並べています。人集りがあるのは ASUS EeePC やAcer Aspire one などの低価格ミニノートでした。熱心に操作してみたり担当者に質問をする人が多く注目度の高さが伝わってきます。

PCパーツ屋 企業ブースの反対側には鉄板焼きや小吃などのフードコートとコンビニが設置されていました。同じ建物内で食事や休憩ができるのはうれしいですね。カタログや価格表を貰ってきて落ち着いて比較できます。

 そして、2階はPCパーツ、ゲーム、古本などのお店が並びます。臨時店舗のお店がそのまま移ってきたようです。見て回ると、建物自体はキレイなのですがブースは商品山積みで価格表がベタベタ貼られたままなので、どこか安心してしまいます。まだ商品陳列作業中のお店もあり100%準備完了ではない様子。オーディオ屋3階に上がるとオーディオやモーター、素人目にはなんだかよくわからないメーターを売るお店が。臨時店舗にはなかった種類のお店です。たまにTシャツ屋さんがあったり、区別はそれほど明確でないようです。最後の4階はPCパーツからゲーム、オーディオと2、3階に入りきらなかったお店が集まっているみたいでした。

 昔から光華商場を知ってる方もそうでない方も、電気街散策がお好きな方は、是非一度訪れてみては。

【光華數位新天地】
住所:台北市市民大道三段8號
交通:MRT忠考新生駅から徒歩約5分