旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年7月16日

はたらくクルマ 洗街車


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
洗街車背面
建物取り壊し現場
はたらくショベルカー

 幼い頃、街の中や工事現場で、「はたらくクルマ」(大人の言葉では「特殊自動車」)に見入ってしまった経験を持つ方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。パトカー、救急車、消防車、ショベルカー、ダンプカー、フォークリフト、除雪車、などなど。人もクルマも、一生懸命働く姿は美しく、見る者に勇気を与えてくれますよね。

ショベルカー側面 街の至るところでビル建設の行われている台北でも、熱く照りつける太陽の下、いろいろなクルマが働いています。今回見かけたのは、「洗街車」。洗街車は、日本で言うところの散水車のこと。背中に積んだタンクの中の水を口から噴き出して、塵や埃をおさえ、路面をきれいにするクルマです。

 ランチに向かう途中、道の向こうに止まった車の背に「洗街車」の文字を見つけ、思わず駈け寄りました。うーん、やっぱり埃っぽい現場。取り壊した建材の山の上に登ったショベルカーが、忙しく片づけをしています。洗街車は、そんなショベルカーの動きを静かに見守っています。私も、手拭いで口元を覆いながら埃っぽい空気を我慢して、彼ら(ショベルカーと洗街車)を見つめています。

水を撒く洗街車 「早く洗街車の出番が来ないかな。」水を撒くシーンを、心待ちにしていました。「それを見なかったらランチに行けない。」なぜか、そんな決意で、カメラを構えていました。もう、手拭いはポケットに戻して、埃も塵も吸い込んでしまっています。そして固唾を飲んで待つこと数分。

 洗街車は突然に、水を前方に吐き出しながら走り出したのです。やっぱり、かっこいい姿でした。