旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年7月14日

ようこそ!200万人目のお客様
台湾観光局主催「百萬幸運兒贈獎活動」


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
20万元贈呈
太鼓演奏
百萬幸運兒贈獎活動

 台湾観光局が展開している「2008-2009旅行台灣年」の一環として行われている「百萬幸運兒贈獎活動」。100万人目、200万人目、300万人目、400万人目の来台観光客にそれぞれ10万〜40万元をプレゼントするというイベントなのですが、先週ついに200万人目の観光客がやってきました。

 当日、イベントの舞台となった台湾桃園國際空港のロビーには華やかなステージが設置されていました。日本人観光客の姿も多く、100万人目同様、今回も日本人観光客になるんじゃないかと思っている人も少なくなかったはず。

 待つことしばし。イベント関係者が「出てきました!出てきました!」と叫ぶと、控えていたバンドが太鼓の演奏を始め、その場にいたスタッフたちからは早くもオメデトウの声が。にぎやかなムードでラッキーな旅行客を迎えました。

記念撮影 200万人目の来台者はマレーシアからやって来た黄さん。びっくりしているような、恥ずかしがっているような顔で、「私は航空業界で仕事をしてるので台湾へは何度も来たことがありますよ。今回は母親と子供をつれての家族旅行なんです。こんなラッキーなことがあっていいのかしら?」と話してくれました。

 幸運な観光客、黄さんへは、台湾のフルーツや花束の他、20万元分のカードが贈られましたが、使い道については、突然のことでまだ考えていないそう。

 台湾観光局の「百萬幸運兒贈獎活動」はまだまだ続きます。次回、300万人目の観光客は、おそらく今年の10月頃にやって来るのでは?と言われていますので、みなさん運試しに台湾へ来てみてはいかが?