旅々台北.com台北日和

このページを閉じます
2008年1月18日

南でも個性派 伍角船板 台南店


※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。
伍角船板 台南店の店内伍角船板 台南店の外観伍角船板 台南店の店内

 台北日和でも以前ご紹介したことのある台北の台湾料理レストラン伍角船板。独特な内装がかもし出す不思議な空間が人気ですが、台南にもお店があります。こちらは唯一無二といった感のある台北店に比べナチュラルな外観です。

伍角船板 台南店の店内 伍角船板の台南店があるのは、1級古跡に指定されているスポット、億載金城の向かいです。木々の緑に隠れるようにレンガの壁がちらりと見え、台湾古都の台南にぴったりな外観。店内は流木や大きな石の他、モザイク風にアレンジした大量のカキの殻もあり、意外な発想に楽しくなります。割りと大きな木も内装の一部となっており、まるで森林の中の大きな家にきたような気分に。ゴツゴツとした中にも温かみが感じられる空間です。
 こちらをデザインしたのは、台北店と同様、オーナーの謝麗香さんです。が、これまで建築について学んだことは全くないそう。とある建築学の教授からは「君は建築を勉強したことがないのに、なぜこんなにバランスよく設計ができるのかね?」と聞かれたという話にも頷けます。

伍角船板 台南店の創作台湾料理 どうしても建築デザインに目が向けられがちな伍角船板ですが、こだわりの創作台湾料理も見逃せません。伍角船板は現在台湾に4店舗展開していて、メニューは全店共通。こちらの料理の評判を聞きつけてわざわざ遠方から足を運んでくる美食家もいるのだそうです。
 台湾国内でグランプリを獲得した国産米を使用したサツマイモご飯(地瓜飯/10元)に、シャキシャキ感がたまらない野菜炒め(香抹ノ玉筍/100元)、漢方入りのスープ(薬膳燉珍/100元)、色鮮やかな蝦蒸し(山蘇黄金蝦/250元)などなど、各種料理が堪能できます。
 大部分が大皿料理なので、大人数で行くと、色んな料理が少しずつ楽しめていいかもしれません。1人あたり400元ほどあれば満腹になれます。伍角船板 台南店の優しい空間で、親しい友人や家族と一緒に楽しいお食事タイムを過ごしてみるのも悪くないのでは。

【伍角船板 台南店】
住所:台南市光州路88号
電話番号:(06)299-3321
営業時間:11:00〜14:00/17:00〜21:00
定休日:旧暦の大晦日
交通:台湾新幹線台南駅から車で約30分
HP:http://www.five-dime.com.tw/html/homepage.htm