旅々台北.com
台北日和

2007年8月10日

台北日和1,000回記念ウィークプレゼント Part5

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

台北観光で外せないスポットと言えば、やはり士林夜市でしょう。そして士林夜市と言えば、美食広場をはじめとする小吃屋台群ですが、他にもいろいろなお店がいっぱい。その中から、今回は台湾らしいTシャツをセレクトしてみました!


 ということで、今日が台北日和ちょうど1000回目。読者の皆様こんにちは。編集スタッフのピエールです(もちろん本名ではありません、さっき思い付きました)。私は台北日和では撮影担当がほとんどなので、それほどたくさんの記事を書いてはいませんが、台北地下道探検隊シリーズや歩道橋、台湾マージャンや新幹線ネタなど、どちらかと言えばマニア系のものばかりを担当しています。

 以前、メルマガに書いた気もしますが、取材裏話をひとつ・・・。台北日和の取材は毎日ではなく、日を決めて1日に何軒も回ることが多いのですが、たまに、取材先の都合で飲食系のお店ばかりが集中してしまうことがあったりします。本当なら楽しい取材になるはずなのですが、そこに立ちふさがるのが、旅々台北取材のオキテです。

「一.飲食店取材で出された料理は残さず食べ切るべし」

 通常、取材はライターとカメラマンの2名で行いますので、1日5軒とかになると、本当にたまりません。どうがんばってももう入らない!という状態に陥ってしまうことも珍しくなく、何とか食べ切ったかと思っていると、「これも食べてみてよ」と次々と料理が運ばれて来る事もたびたびで・・・。かといって、取材先で苦しそうに食べるなんて失礼なことは出来ませんし、「好吃!(美味しい)」と笑顔で応えながら、心の中では涙を流していることも・・・。※まぁ、本当に美味しいからそれでもがんばれるんですけどね。

 ということで余談が長くなってしまいましたが、今回のプレゼントは、士林夜市で購入した「台湾的Tシャツ」3枚セットです。サイズは全てメンズサイズで、黒いのがMサイズ、その他の2枚はLサイズです。中でも個人的にオススメなのは、やはりカエルのイラストが入った士林夜市Tシャツでしょう。「なぜカエル?」という台湾初心者のあなた、まずは士林夜市に来てみてください。きっと答えはすぐにわかると思いますよ。※ていうか、士林夜市特集のページにも答えがありましたね。

※お詫び:台湾製品にこだわったつもりだったのですが、後で見てみると、黒いTシャツは何とmade in chinaでした・・・すみません。

 本日で「台北日和1000回記念スペシャルウィーク」は終了で、来週からはまた、通常の台北日和に戻ります。目の前の道は果てしなく続いていて、どこまで行けるのかもわかりませんが、とりあえず、次は1500回(約2年あまり先)を目指してがんばります。どんな話題が出てくるか・・・お楽しみに!


↓↓【台湾的Tシャツ3枚セット】への応募はこちらから↓↓
【台北日和1,000回記念ウィークプレゼント 応募ページ】
http://www.tabitabi-taipei.com/more/2007/1000special/
※更新作業により時間的ズレが生じますので、当日のプレゼントに応募できない場合は、
しばらくしてから再度アクセスしてみてください。

[バックナンバー]