旅々台北.com
台北日和

2007年3月26日

犬にスケボー

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 スケボーが上手な天才犬の小白が暮らす自転車屋さんで、2006年末より犬用スケボーの販売が始まりました。小白の飼い主さんにもスケボー教授法を少し教えてもらいました。

 小白が絶対的な信頼を寄せているご主人様、陳さんが経営する自転車屋「大風箏戸外活動體用品」は、美麗華百樂園CAFE 2012付近の商店街にあります。取材に訪れた時、陳さんはお客さんの自転車の修理していてお仕事中。小白はその修理中自転車の後方荷台にチョコンとすわり、ささやかながら陳さんのお手伝い(?)をしていました。

 以前、台北日和で紹介したのは小白の天才ぶりですが、今回は犬用スケボーが主役。犬の体格にあわせて3サイズ(大:1000元 中・小:約800元)が揃っています。人間が使うスケートボードを改造したもので、ボード中央少し手前と先端の方に紐が通せるようにホール加工してあります。教えるのに最適なのは一番しつけがしやすいパピー。まずはボードに乗ることに慣れさせるため、中央手前の紐と首輪をつなげ、ボード上でバランスがとれるように練習します。この第一段階習得まで1ヶ月はかかるそうなので気長にいきましょう。

 次はボード先端部分にある紐を人が引っ張り、ボードが動いてもそのまま乗っていられるよう、またバランスが保てるように教えます。この基本ができるようになると、あとは犬によってマスターすることが違ってきます。教えるのにどれくらいかかるのか犬によって差はありますが、小白はゼロから始めてスケボー乗りを習得し、さらに方向転換やひっくり返ったボードを表に返すことを覚えるまで1年ぐらいかかったそうです。教える上で何より大切なのは、犬がスケボーに乗る機会をできるだけ多く設けてあげることだとか。

 趣味はカヌーやスケボーというアウトドア派の陳さんは、旧正月の連休中に小白とその息子たち(シャオズーとドゥドゥ)を連れて花蓮へ行ってきました。そこでスケボーを使って花蓮をぐるっと周ったのですが、近い将来3匹を連れてスケボーで台湾一周を実現させたいそうです。自分の趣味を飼い犬と共有できるなんてうらやましい限りです。

 もっとたくさんの人に犬と一緒に遊ぶ楽しさを知ってほしい、との思いから始まった犬用スケボーの販売。取材からの帰り道、自宅の犬にもスケボー教えてみようかな・・・あ、でもその前に自分がスケボー練習しなくちゃ、と当たり前のことに気づいたのでした。

※大風箏戸外活動體育用品は閉店しました。

【大風箏戸外活動體育用品】
住所:台北市北安路627号
電話:(02)2533-0053
営業時間:10:00〜21:00
定休日:火曜日
交通:MRT中山國中駅から車で約15分

[バックナンバー]