旅々台北.com
台北日和

2007年1月31日

毎日が楽しくなるものがいっぱい Have a Booday

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 ファッション特集でご紹介したMOGUがついにやりました!見る者を自然と笑顔にしてしまう、そんなハッピーデザインがお得意のMOGUが、自分達の「好き」をいっぱい集めた素敵なカフェ&ショップ「Have a Booday」をオープンしましたよ。

 MRT中山駅から歩いて3分という賑やかな場所にも関わらず、緑が多くのどかな雰囲気のわき道に、古い印刷所を改装して作られた「Have a Booday」がたたずみます。表にでたメニューボードと、2F正面のブタの鼻のようなユーモラスなマークが目印。1Fはショップ、2Fはカフェ、3〜4Fはオフィスと4階建て全体がMOGUビルになっています。

 むき出しの天井に、アンティークの家具がセッティングされた1Fショップは、デザイングループMOGUをそのまま表しているような、どこか気のぬけたホンワカしたインテリア。オリジナルTシャツ(980元〜)やバッグ、ポストカードに季刊誌といったおなじみの商品から、新商品の手作りの縫いぐるみたちが、古い家具達にしっくりとなじんでいます。MOGUメンバーのアンテナに反応したアーティスト達の作品も続々増加中で、柳宗理デザインのカトラリーや大橋歩デザインの布バッグ、そして台湾人職人が一つ一つ手作りしたカンナや庭バサミなども。雑貨やキッチン用品などにいたるまで、MOGUの「好き」アンテナで厳選されたモノたちは、「毎日を丁寧に楽しく過ごす!」というポリシーが感じられるものばかりですよ。

 2FのカフェスペースもMOGUならではののんびりスペース。大きな窓からは明るい陽光が差し込み、緑を眺めながら、気持ちいいティータイムが過ごせるんです。カフェの本棚には、中国語に日本語、そして英語のアート系雑誌や絵本などが並び、自由に閲覧、購入もできます。壁一面の大きな黒板にはメニューが書かれ、コーヒーや紅茶、有機青草茶といったドリンク類(120〜155元)に加え、毎日2種類作られるスイーツ、定期的に入れ替わるお食事メニューなどが楽しめます。取材時にいただいた「タイ風チキンカレー:200元」は、ごろんと大きな野菜の旨みとチキンが見事にマッチしたうまいカレーでしたよ。また珍しいことに、ビールは地ビール(150〜170元)というところがMOGUらしいコダワリ。ライチビールなんていうフルーティーなビールもありますよ。

 1F、2Fとも定期的に台湾のアーティスト作品が展示されていて、ちょっとしたギャラリースペースとしても活用されています。訪れるたびに、毎日を楽しく過ごすヒントが見つかる、そんなホンワカスペースの「Have a Booday」で、あなたもハッピーなひと時を過ごしませんか?

【Have a Booday】
住所:台北市南京西路25巷18-1號
電話:(02)2552-5552
営業時間:12:00-21:00
定休日: 旧正月(旧暦の大晦日〜1/5)
HP: http://www.booday.com/
交通:MRT中山駅から徒歩約3分

※お食事メニューは終了しました。(2007/04/30現在)

[バックナンバー]