旅々台北.com
台北日和

2007年1月25日

台湾のアキバ系聖地を目指します! 萌萌動漫資訊館(後編)

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 その充実っぷりがまさにアキバ系聖地と呼びたくなる「萌え萌えセンター」ですが、2階〜3階で驚いていてはいけません。4階にはアッと驚く、台湾にはこれまでなかった空間が広がっていたのです。

 4階に上がると、そこはもう前代未聞の大規模なコスプレワールド。ここはコスプレ専門フロアとなっていて、日本や台湾の有名レイヤーさん(※コスプレイヤーの略称)が寄贈した精巧な衣装や小道具の展示を楽しめるだけでなく、衣装&小物の貸し出し、買取り、委託販売といったことから、なんと、併設のスタジオでプロのメイク付き(要予約)で撮影会までできてしまう、というコスプレの楽しさが丸ごと詰め込まれた、まさにパラダイスとなっているのです。

 のっけからマネキンが着用しているコスプレ衣装の精巧さ、そして展示小道具の豊富さに圧倒され、思わず動揺・・・。目の前に広々としたコスプレワールドを早く見たくてウズウズしてしまいますが、気持ちを抑え、順にチェックしてまいりましょう。

 階段を上がってすぐに広がるのが衣装や小物のエリア。こちらにあるのはそれぞれ、展示専用、販売用、レンタル用と決まっていますが、借りたい旨を告げてみると、展示専用でも着用できることがあるそう。ちなみに衣装のジャンルはアニメやゲームのキャラ衣装はもちろん、メイド服やナース服、セーラー服なども豊富に取り揃えてあり、レンタル料金は衣装により違ってきますが200元〜といったところ。

 小物類も猫耳やメイドさんのふりふりレースといった基本はもちろん、各種ウィッグに天使の羽、アニメのままを再現した銃やアクセサリーなども揃っていて、小さなものは一律50元でレンタルできます。変身写真の撮影で使ってみたい小物を現地調達するにはもってこいですね。(※店内でのレンタル料と店外への借り出しでは料金が違いますので、スタッフにお問合わせください。)

 衣装や小物スペースの奥には、簡易スタジオが併設されていて50元で自由に撮影会に使用することができます。現在は平面的なスタジオですが、今後画像を入れ替えたり、より立体的なスタジオに進化する予定だそうですよ。メイク室や更衣室、トイレにロッカーなども完備されていて、さらに驚くべきことにシャンプー用シャワー設備まであるところに萌え萌えセンターの意気込みが感じられます。まさに至せり尽くせりの4階コスプレ専門フロア、ここに来れば知らずうちにコスプレの世界にハマってしまうかもしれませんよ。

 なお、1月26日の正式オープン日には、5階のイベント会場にて午後2時から「オープニング記念コスプレショー」が開催される予定です。興味のある方はぜひのぞいてみてくださいね!

※ 萌萌動漫資訊館(MOE MOE CENTER)には日本語の分かるスタッフもいます。
※ 衣装のレンタルは終了しました。

【萌萌動漫資訊館(MOE MOE CENTER)】
住所:台北市中華路一段114巷17號
電話:(02)2311-9488
営業時間:11:00-22:00(3F:11:00-21:30、4F:12:00-21:00)
定休日:旧正月
HP: http://www.moe2.com.tw/
交通:MRT西門駅から徒歩約5分

[バックナンバー]