旅々台北.com
台北日和 2006年6月7日
朝粥セットがお値打ち 吉星港式飲茶

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 24時間オープンのレストランは、旅行者の強い味方。フライトが朝早くても、深夜にお腹が空いた時にも、いつだって台湾グルメが楽しめちゃうんです。特に朝食タイムは、お値打ちメニューが狙い目との噂ですよ。

 24時間、必ずどこかのレストランが開いている台湾ですが、さすがに朝食タイムは麺やサンドイッチなどの、屋台の軽食系が中心。朝にはお粥を試したいという方も多いでしょうが、台北のお粥街は「二嫂米粉湯」などの数件を除き、午前中は休みのお店が多いのです。そこで重宝されるのが、24時間営業のレストラン。中でも「吉星港式飲茶」は、台北晶華酒店老爺大酒店からも徒歩5分という立地の良さと、メニューの豊富さで、観光客はもとより地元の人からも評価が高いお店です。

 シャンデリアが輝く店内は、白をベースにした明るい雰囲気。窓際の席からは正面の公園の緑が見下ろせ、一等席となっています。どれを注文しようか悩むこと確実の、充実した飲茶メニューはもちろん美味中の美味なのですが、隠れた人気メニューとなっているのが午前7時から10時半限定の朝粥セットです。

 朝粥セットはお粥(広東風/台湾風をチョイス)と飲茶の点心、ドリンクの組合せ。お粥や点心の種類は季節により変わります。基本のお粥+ドリンクのセットは69元(約240円)という破格なお値段。セットで出てくるお粥は、通常140元で提供されるお粥と同じサイズなんですよ。ボリュームたっぷりで、女性ならお粥だけでお腹いっぱいになってしまうかも。写真はお粥+点心+コーヒーの99元(約350円)セットで約2人前。これだけあって200元弱(約700円)なんてあまりのお得加減にニンマリしちゃいます。

 お味の方も、もちろん絶品。点心はもちろん、広東風お粥は貝柱とトンコツから丁寧にとったスープと、台湾一の品質と言われる池上米で仕上げてあり、あっさり薄味ながらもレンゲが止まらない旨さですよ。ぜひお試しあれ!

【吉星港式飲茶】
住所:台北市南京東路一段92號2F
電話:(02)2568-3378
営業時間:24時間
※朝食セットは午前7時〜午前10時30になります。
※喫煙席、禁煙席あり、日本語OK
交通:MRT中山駅から徒歩約5分

[バックナンバー]