旅々台北.com
台北日和 2006年1月16日
高雄 愛河クルーズ

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 高雄の夜をロマンチックに過ごしたいなら、愛河のクルーズ船は欠かせません。美しい夜景が楽しめるのはもちろん、橋から流れ落ちる水の壁をくぐるなど、驚きの仕掛けも随所に。

 クルーズ船といえば台北の藍色公路(ブルーライン)が有名ですが、藍色公路が台北市郊外の淡水河を進むのに対し、高雄のクルーズ船「愛之船」が就航したのは街の真ん中、市中心部を縦断する愛河です。航行時間も20分と短めのため、ちょっと船にでも乗ってみようかと気軽に体験できるのがうれしいですよね。

 「愛之船」は約20人乗りで、乗り場は中正大橋(中正四路)と高雄橋(五福三路)間にある国賓飯店、仁愛公園、音楽館前の三ヶ所。ルートははどの乗り場から乗っても同じで、中正大橋と高雄橋の間をぐるりと一周します。毎日16時から運航しているのですが、ベストタイムは周囲がほどよく暗くなってから。愛河は高雄を代表するデーコースでもあり、美しくライトアップされた川岸のホテルやカフェ、巨大しゃちほこ、高雄電影図書館の姿が川面にキラキラと輝くようすに、船上ではキレイ〜の声が途切れることがありません。クルーズの途中では橋から大音響を立てて落ちてくる水の壁をくぐったり、川岸のカフェからライブの音が聞こえてきたりと、短いながらも充実した船旅が楽しめますよ。

 前述の通り乗り場は三ヵ所ありますが、季節や時間帯によっては閉鎖される乗り場もあり、運航時刻も変更されることがあります。また、週末は行列ができ、乗船までに1時間待ちなんてこともありますのでご注意くださいね。

【愛河クルーズ(愛河遊河観光船)】
乗船場:国賓飯店、仁愛公園、音楽館前(中正四路と五福三路の間)
営業時間:16:00〜23:30(変更あり。雨天、強風時は欠航)
乗船料:50元

[バックナンバー]