旅々台北.com
台北日和 2004年7月26日
花蓮海洋公園

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 夏といえば海!青い空に白い雲、ビーチに寝転び日光浴、マリンスポーツでエンジョイ!ってのもいいですが、灼熱の台湾の真っ昼間に、海水浴というのはちと無謀。そんなときには、ちょっと趣向を変えてアミューズメントいっぱいの、一大マリンテーマパークなんていかがでしょう?

 場所は花蓮、太魯閣やイルカウォッチングで有名なこの地に、1990年、政府指導のもと名だたる企業が協力し、150億もの巨額の資金を投じて開発されたのが、この花蓮海洋公園です。海に隣接した公園内には、海洋村、海洋劇場、海底王國、布登海岸、探險島、嘉年華歡樂街、海盜灣、水晶城堡といった、8つの海をテーマにしたアミューズメントエリアがぎっちり。入ってすぐの海洋村は、1890年代の北アメリカの海辺の村を再現したエリア。北の端にある灯台からは、イルカウォッチングのスポットが眺められるのだとか。この海洋村には、ギフトショップやレストランもあるので、ここでのんびりとした漁村風のランチでもいかが?

 海洋公園に来たからには、やっぱりイルカショーでしょ!というイルカファンの方には、海洋劇場がオススメ。見事に訓練されたイルカ達の気合の入った演技には、ついつい屋外の暑さも忘れてしまうほど。イルカのいるプールの下は、そのまま水族館風になっていて、水中を、自由自在に泳ぎ回るイルカ達の姿が手にとるように見えるようになっています。大きなクジラの骨も迫力満点です。そうそう、可愛らしいイルカだけでなく、ユーモラスなアシカもお忘れずに。本格的な水族館はお目当ての方は、探險島へどうぞ。海底トンネルや生態教室などがあり、まさに海の中を探険している気分になれます。

 遊びまわって、小腹が空いたらメインストリートである嘉年華歡樂街へ。ここには、ピザやキャンディー、アイスクリームなどオヤツに最適な小さなショップがズラリと並んでいます。アクティブに乗り物にのって遊びたーいというあなたには、メリーゴーランドやゴーカートなど遊園地でおなじみの乗り物がいっぱいの布登海岸。ジェットコースターなどはありませんが、のどかな遊園地〜♪といった雰囲気が楽しめます。

 そして最後にぜひいってもらいたいのが、水晶城堡にあるアーサー王の塔。ここからは美しい花東海岸と海洋公園の全てが一望に見渡せるのです。初めにここで公園の全体図を把握しておくのもいいかもしれませんね。

 他にも、海賊ショーや中華風のショーなど、趣向溢れたイベントものがいっぱいの花蓮海洋公園、1日たっぷりと遊べてしまうこと請け合いですよ。

【花蓮 海洋公園】
住所:花蓮縣壽豐郷鹽寮村189號
電話:(03)812-39280800-211-288
開放時間:(月〜木)9:00〜17:00、(金、土、日)8:30〜17:30、※夏休み期間(7/1〜8/31)は曜日を問わず、8:30〜17:30になります。
入場料:大人(19歳〜65歳):NT$890、優待チケット(学生、110cm以上の14〜18歳):NT$790、博愛チケット(身障者、65歳以上):NT$690
花蓮海洋公園HP:http://www.hualienoceanpark.com.tw/index.asp


[バックナンバー]