旅々台北.com
台北日和 2004年5月28日
台湾キリンビール・プレス発表会

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 一青窈さんがささやくように歌う「望春風」を聴きながら、新しく生まれ変わったキリン一番搾り生ビールをぐびり・・・。そんな素敵なプレス発表会が、台北晶華酒店で開催されました。

 日本で、いえ世界で愛されているキリン一番搾り生ビール。次第に夏を感じる今日この頃、仕事から帰宅したら、お風呂上りに先ず一本、という方も多いのでは?ここ台湾でも「獨(独)一無二」のキャッチフレーズのもと、“一番麦汁”だけを使ったコクのあるビールとして愛されています。そんな一番搾りが「新・一番搾り」に生まれ変わったのは、今年の1月。そして、早く台湾でも新しい一番搾りを!という声を受け、5月26日、ついにお披露目となったのです。

 外の気温が30度を超える中、クーラーのきいた記者会見の会場に転がり込むと、まず目に入ったのが、美しくディスプレイされた「新・一番搾り」。黄金色に輝く缶がいかにも魅惑的で、モデル嬢が撮影のためにグラスを傾けると、思わずこちらの喉もごくっと・・。う、飲みたい・・。

 しかし、そんな煩悩を打ち消してくれたのが、一青窈さんの美しい歌声。台湾映画界を代表する名監督、侯孝賢氏がメガホンを握り、「乎乾●!(ホッターラ、台湾語で乾杯の意味)」などの流行語を産むなど毎年大好評の台湾一番搾りCFですが、今年の主役は歌手の一青窈さん。「一番搾り=青春」のコンセプトのもと、公開されたCFでは同い年の女の子と泥合戦をしたりと、アンニュイな歌声からは意外な(失礼!)明るい笑顔が満開。残念ながらプレス会見には、一青窈さんは参加していませんでしたが、CFのメイキングビデオでは、TVなどでは見ることができない、彼女の“生”の雰囲気を感じることができました。CF内で彼女が歌う「望春風」は、台湾の人なら誰でも知っている古い民謡。父親が台湾人で、小さい頃は台北に住んでいたという一青窈さんだけあり、その発音には取材陣も感心していましたよ。

 このCFは台湾キリンビールのHPで公開中ですので、一番搾り、一青窈さんファンの方は要チェック。中国語HPですので、ご覧になるには中国語のフォント(Big-5)が必要ですのでご注意を。ちなみにこのHPは、旅々台北が担当させていただいているのですよ。

 お土産に「新・一番搾り」をいただいた記者。一口ぐらい・・と思ったものの、すぐに真っ赤になってしまう己の体質を呪いつつ、すごすごとオフィスに戻ったのでありました。

※…●は口に拉

【台湾キリンビールHP】
http://www.kirin.com.tw/


[バックナンバー]