2003年9月5日 高雄 左営蓮池潭公園

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 あぁ、こんな人生なんてもういやだ。生まれ変わりたい・・・と思ったら、高雄の「左営蓮池潭公園」へ。美しい池や森林浴で、身も心もリフレッシュ・・というわけでは、ありません。

 高雄市北部の左営地区。かつては台湾最大の海軍基地だったそうですが、今は静かな住宅地に。そこにある左営蓮池潭公園は、蓮池という天然の淡水池を中心に、周囲を小高い山に囲まれ、いつも涼しい風が吹いています。

 木陰には椅子やテーブルが並べられ、囲碁や将棋盤を熱心に見つめる人たちや、露天カラオケを熱唱するグループなど、なかなかにぎやか。池にはウィンドサーフィンを楽しむ人もちらほら。高雄市民の憩いの場となっています。

 1825年に竣工された北門(一級古跡)、孔子廟など見どころたくさんですが、人生をやり直したい方にお勧めなのが「龍虎塔」。中国式の七層の塔の前に、巨大な龍と虎が大口を開けてあなたを待っています。

 この牙をむき出しにした龍と虎、両者とも中国文化ではおなじみの動物ですが、台湾では龍は最も良い動物、虎は最も凶暴な動物と考えられているのは、ちょっと意外。
 龍と虎は通路で繋がっており、天井の低い通路の壁には、仏教の教えや地獄図、中国の皇帝、賢人、将軍などが鮮やかに描かれています。

 この通路を通ることにより、現世での悪徳が浄化され、外に出たときには気分もすっきり。善人に生まれ変わり、よりよい人生を生きることができるそうですよ。身に覚えがある人も、無い人も、ぜひお試しください。

 ひとつ注意しなくてはいけないのが、入り口と出口。入り口は、良い動物である龍の口の方。凶暴な動物である虎の口から入ると、より悪い人間になって出てきてしまうそうで・・・

【高雄 左営蓮池潭公園】
住所:高雄市左営大路
交通:5、18番バス「左営農會」バス停下車。


[バックナンバー]