2003年5月13日 天母棒球場

※台北日和の記事は遡及調査をしていないので、現状と異なることがあります。

 日本人など外国人がたくさん居住し、お洒落な街として有名な天母。その中心部に位置する高島屋百貨店のすぐ隣にあるのが、天母棒球場。2002年には福岡ダイエーvsオリックスの公式戦が開催されたことで、日本のプロ野球ファンにもお馴染みの球場です。

 台湾にも14年目となるプロ野球リーグがあり、去年まで2つの組織に分裂していましたが、今年からは1リーグ6チームで優勝を争うようになりました。日本人選手もたくさん所属しており、横浜から中日へ移籍し、その後台湾へ渡った中山裕章投手や元阪神の中込伸投手など、有名選手も活躍を続けているようです。

 2003年のシリーズでは、天母棒球場で30試合が予定されており、台北市街地からも近いですし、台湾プロ野球の観戦というのもなかなか面白いのではないでしょうか。

交通:MRT石牌駅で下車し、646、645、606、285、279のバスに乗り、天母棒球場バス停で下車。徒歩の場合は、MRT芝山駅からがわかりやすいですが、20〜30分はかかります。


[バックナンバー]