魚歌燈火

ユゥゲデンホア

魚歌燈火

 西洋料理レストランのような細やかなサービスと台湾産の食材と無農薬野菜を厳選して作る台湾料理が味わえます。西洋料理の手法や珍しい食材を使った、ここにしかないアイデア台湾料理も作り出しています。

日本語を話すスタッフがいます。MRTの最寄駅から徒歩5分程度で行ける範囲。予約して行くことをお勧めします。クレジットカードが使えます。 [記号説明]

カテゴリ 台湾料理
住所 台北市大安區光復南路290巷55號
アクセス MRT國父紀念館駅2番出口より徒歩5分
電話 02-2772-6767
営業時間 11:30-14:30 / 17:30-23:00
定休日 無休
標準予算 一人700元程度
備考 クレジットカード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
席数:約40席
Loading...

いつでも最高の台湾料理が味わえる

魚歌燈火の外観 2013年初めにオープンした魚歌燈火はレストランの激戦区である東区で、お客さんが絶えることなく来店するお店で、どの料理も忘れられない印象を残します。オーナーの本業はある大企業の経営で、ビジネスのためあらゆる場所で食事をし、そしてグルメの達人となりました。各国の料理を味わっても、最も忘れがたいのがやはり故郷の料理。いつでも本場の台湾料理の美味しさが楽しめるように、また、会社でお客様を台湾にお迎えした際に、最高の接待ができる場所として、魚歌燈火をオープンしたのです。

(取材:劉禹伶)

西洋風に楽しむ台湾料理

魚歌燈火の店内

 店内は、床のモザイクタイル、アンティークな木のテーブルや照明、鉄を組み合わせた柵など中世ヨーロッパに来たかのようなデザインです。店内スタッフは有名な西洋料理レストランでの経験があり、西洋料理レストランでのサービスをこのレストランに合わせてアレンジしています。きめ細やかなテーブルサービスも魅力のひとつですよ。西洋的なデザインやサービスで伝統的な台湾料理を味わうのも新しい体験です。

魚歌燈火の店内

 最も重要な料理メニューについてもオーナーとシェフの努力の成果が現れています。台湾の地元の食材を使い、品質認証を通した無農薬農家の材料を厳選しています。また、農家と直接契約して限られた食材を仕入れることも行っています。

 新鮮な食材が厨房に入り、素晴らしい料理に生まれ変わることができるかどうかは、シェフの腕の見せどころです。チーフシェフの李さんは豊富な台湾料理の経験を持ち、台湾料理の精髄を把握しているだけでなく、時には西洋料理の手法を取り入れ、卵焼きや朝食シリアルなどを使い、他には真似できないようなアイデア台湾料理を作り出しています。李さんは西洋の手法を取り入れたり、変わった食材を使ってみて、より美味しくなるように様々なアイデアを生み出しています。

細やかなデザインが演出する飲食の芸術

魚歌燈火の食器

 お店では台湾と中国で重要とされる飲食文化の小さな楽しさも取り入れられています。食事をするというテーマに合わせるため、食器や店内には多くの言葉を使ったデザインがあり、お店の気遣いが良くわかります。

魚歌燈火のお土産販売スペース

 メニューからはお店の伝統や中国文字に対する思い入れがよく分かります。メニューを描写する言葉はとても優雅で、まるで書道のようなデザインになっています。表紙の「有事弟子服其勞,有酒食先生饌(用事は弟子が、食事は先生から)」とは、食べるということは親孝行を象徴し、美味しい物は目上の人に奉仕するのだという意味があります。メニューで魚歌燈火を紹介したページには孔子の論語を引用し飲食文化について言及しています。

 店内の紙ナプキン、お箸、スプーンから、様々な食器類に至るまで、全て特別に注文して作られたもので、デザインが面白く実用性も兼ね備え、さらにたくさんの「吃(食べる)」と関わりのある台湾のことわざや慣用句が書かれており、食べることをどれほど重視していた民族なのか分かりやすく伝えられています。飲み物は、台湾で最も代表的な高山茶、ウーロン茶、台東特産の洛神花茶(ハイビスカスティー)があります。海外からのお客様がお土産を購入したいという要望に応えるために、店内カウンターには台湾らしさのあるお土産セットがあります。

 魚歌燈火での食事は、ただ空腹を満たすためのものだけではなく、外観、音、香り、味の豊富な体験であり、文化芸術との組み合わせにより、どの料理も存分に楽しむことができます。

おすすめメニュー

古早味白鯧米粉/白マナガツオ汁ビーフン (1,600元 ※要予約)

古早味白鯧米粉/白マナガツオ汁ビーフン古早味白鯧米粉/白マナガツオ汁ビーフン

 白鯧米粉を食べたことがなければ、台湾料理を食べたことがあるとは言えませんよ。これは台湾料理を代表するメニューの一つであるだけでなく、食材そのものの美味しさを最も楽しめる料理でもあり、台湾料理レストランのレベルを試してみたいのなら、もってこいのメニューです。

 白マナガツオの骨を煮込んでスープのベースとし、干しエビ、カレイ、エビ油等を加えて調味し、細めのビーフン、油で揚げたタロイモと白マナガツオを入れたらさっと煮込み、最後にニンニクの芽とカリカリにした卵を乗せます。見た目も美しく香り豊かな料理ですよ。

 熱々の白鯧米粉からは、良い香りが漂い、旨みたっぷりのスープを吸ったビーフンは食べ始めると箸が止まらず、グルメには絶対に見逃せない一品です。

咖哩螃蟹/カニのカレー (1,300元 ※要予約)

咖哩螃蟹/カニのカレー咖哩螃蟹/カニのカレー

 咖哩螃蟹は、お店では珍しい台湾料理ではない料理です。オーナーがタイ旅行で食べて忘れられないメニューとなったもので、台湾に帰国後、チーフシェフに頼んで台湾人好みの味に調整を加えて作り上げた傑作の一品です。

 ワタリガニの一種である野生の大沙公か大沙母を厳選します。大人の掌ほどもある大きさのカニで、中にはカニミソがたっぷりと含まれており、カニ好きの方から絶賛されています。

 カレーはレッドカレーとイエローカレーを合わせて、ニンジンとかぼちゃペースト、ピーナツソースなどを加えています。香辛料の中にも温かい甘みがあり、カニを食べ終えてからは、セットで付いているガーリックパンにソースを付けて食べてるのがおすすめです。


鮮蝦海膽烘蛋/エビとウニの卵焼き (600元)

鮮蝦海膽烘蛋/エビとウニの卵焼き鮮蝦海膽烘蛋/エビとウニの卵焼き

 これは魚歌燈火を代表する料理とも言えます。貴重な烏骨鶏の卵を使い、ほんのりチーズの香りが漂い、コクのある濃厚な風味が楽しめます。ウニは日本のバフンウニを使っています。

 厚さが3cm近くもある卵焼きは、外側はフワフワで、中身は半熟状でたっぷりのウニと新鮮なエビが混ぜられています。ウニの甘い旨みと卵の濃厚な美味しさが絶妙に混ざり合い、その美味しさは忘れられなくなりますよ。

 この料理は最高の食材を集められていて、食材の美味しさとアイデア料理の精神を徹底的に発揮しています。驚きの美味しさで、絶対にオススメの料理ですよ。

糖醋台灣大雕/台湾カワスズメの甘酢あんかけ (600元)

糖醋台灣大雕/台湾カワスズメの甘酢あんかけ糖醋台灣大雕/台湾カワスズメの甘酢あんかけ

 花蓮にある立川漁場は清潔な水があることから、高品質な魚類を養殖することで有名です。

 お店では、立川漁場の1.2kgもの重さのある台湾カワスズメを選び、油を通してから、砂糖、麦芽、レモン、パイナップルを煮て作った甘酢ソースをかけ、新鮮な魚の旨みを引き立たせています。

 赤く祝い事の色合いは、最も伝統的な天然の紅麴染色を採用し、人口色素を使っている他の店とは異なり、健康的で美味しい料理となっています。


麻辣子排/スパイシースペアリブ (500元)

麻辣子排/スパイシースペアリブ麻辣子排/スパイシースペアリブ

 ほのかな甘さがある新鮮な黒毛豚で、赤身と白身の最高のバランスを取るため、スペアリブ全体の中から二切れだけを使います。まず特製ソースに漬け込み、外が黄金色にカリッとするまで油で揚げ、中は軟らかく肉汁たっぷりに仕上げます。

 風味豊かな黒糖、花椒、クミンパウダーと様々なスパイスを合わせていて、刺激的な辛さが広がります。

拔絲地瓜/大学いも (250元)

拔絲地瓜/大学いも

 食事の後にはデザートが欠かせませんよね!拔絲地瓜はシンプルながらも手間暇をかけた伝統的なデザートで、チーフシェフが何度も試食しながら改良を重ねて完成したものです。斬新な見た目と食感が楽しめます。

 台湾で最も有名な南投竹山のさつまいもを使い、食べやすい大きさに切ってから油で揚げます。グラニュー糖をかけてカリッとした甘い殻を付け、最後に朝食シリアルをまぶします。さつまいものフワッと柔らかい熱々の美味しさに加えて、シリアルのサクサク感も楽しめ、3重の食感が重なります。たっぷりの台湾料理を楽しんだ後のお口直しに、最後のメニューとしても最適です。

ミニ情報

チーフシェフ 李さんからのメッセージ

 私達は最も新鮮な海の幸、山の幸を見つけ出し、伝統的な台湾料理の方法をベースに、様々なアイデアを組み合わせています。魚歌燈火にご来店されたどのお客様にも、リラックスできるようなおもてなしと、料理への感動をお届けいたします。

記者コメント

記者 台湾人はよく「吃飯吃裝潢」と言います。これは内装部分は豪華なのに料理は普通で、しかも値段が高いお店のことを指します。魚歌燈火はこのようなイメージを覆し、素敵で雰囲気のあるデザイン、本場の味とアイデア溢れる美味しい料理、丁寧な盛り付けで、見た目から味まで倍の満足感があり、新しい台湾料理を楽しみたい方にオススメです!

(劉禹伶)