犁園湯包館

リユェンタンパオグァン

犁園湯包館

 中国華北地方出身のオーナーが幼い頃に食べた父親の味を思い出して開店したお店。当時の味を再現するだけでなく、現代の健康志向に合わせてアレンジしていて、どの料理からもオーナーの工夫が伝わっています。スタッフの細かなサービスも魅力で、充実した食事が楽しめます。

日本語のメニューがあります。写真入りのメニューがあります。MRTの最寄駅から徒歩5分程度で行ける範囲。 [記号説明]

カテゴリ 上海料理
住所 台北市南京東路3段256巷24號
アクセス MRT南京復興駅から徒歩約5分
電話 02-2721-5532
営業時間 11:30-14:30 / 16:30-21:30
定休日 旧暦の大晦日/初一
WEB http://liyuan-tangbao.blogspot.tw/
標準予算 一人300~400元程度
備考 クレジットカード不可
席数:約110席、30席の個室あり
Loading...

父親の味を再現したレストラン

犁園湯包館の外観 MRT南京復興駅からほど近い路地にある「犁園湯包館」はリーズナブルな価格で本格的な料理が味わえるレストラン。素材、調理、サービスに妥協のない誠実さが口コミで人気を広げています。

(取材:片倉愛)

おいしさと丁寧なサービス

犁園湯包館の店内
犁園湯包館の店内

 2010年秋にオープンした「犁園湯包館」は、中国華北地方出身のオーナーが幼い頃に食べた父親の味を懐かしく思ったことから始めたお店です。以前は台湾の電子会社に勤めていたオーナー。中国の工場へ管理職として赴いていた頃、地元料理を口にして、ふと、台湾で華北の味を提供する店を出す、という考えが頭に浮かんだのだそう。お店のメニューは父親の味を再現しながら現代の健康志向に合わせてアレンジ。うまみ調味料は使わずヘルシーに仕上げています。

犁園湯包館のオープンキッチン内

 店内はすっきりした中国テイストのインテリア。客席同士の空間が広く、ゆったりと座れます。客席は2人用、4人用、6人用、円卓のほか、最大30人が収容できる個室もあり、さまざまなシーンで利用できますよ。また、親近感、安心感を感じてほしいという想いからガラス越しに調理場が見えるオープンキッチンを採用。オーダーを受けてから料理が客席に運ばれるまでの過程がすべて見えるようになっています。

 「おいしくてサービスの良い店は自然に繁盛する」。これがオーナーのモットーだそうで「お金をかけて宣伝しなくても、食べに来てくれた人が、『良い店だ』と評価すれば、それが宣伝になる」と話してくれました。一見当たり前のことのようですが、実際にするのは簡単ではありません。しかし、オフィス街にありながら、休日の客入りが平日以上に多い店の実績を見れば、その成果は一目瞭然。あなたもきっと「誰かに伝えたくなる」はずですよ!

おすすめメニュー

上海小籠湯包 (120元/8個)

上海小籠湯包上海小籠湯包

 小籠包はアツアツを食べるのが一番ですが、そのまま食べるとかなり熱いので注意!

 まず、タレをつけてレンゲに載せ、箸で皮を少し破ります。じゅわっとあふれ出る肉汁をすすったら、丸ごとパクリといただきましょう。スープは鶏肉ベースなのであっさり味。皮も薄くて何個でも食べられそうです。

羅勒鮮蚵湯包/カキとバジルの小籠包 (180元)

羅勒鮮蚵湯包/カキとバジルの小籠包羅勒鮮蚵湯包/カキとバジルの小籠包

 ここでしか食べられない創作料理。カキとバジルの最高の比率を見つけるために、試行に試行を重ねた一品です。昼と夜で各25人前のみの限定販売で、その日に仕入れた新鮮なカキしか使いません。さらに作り置きができないため、すべて注文を受けてから作ります。ぜひ特製の五味ソースと合わせて食べてみてください。カキの旨味が存分に出たスープとほんのり香るバジルが絶妙ですよ。


特製山東燒鶏/特製山東風チキン (180元)

特製山東燒鶏/特製山東風チキン特製山東燒鶏/特製山東風チキン

 代表的な華北料理ですが、マスタード入りの特製ピリ辛ソースがオリジナリティを感じさせる一品です。鶏もも肉は、一度煮込んで味付けしてから揚げる方法で、やわらかな食感に。こんもりと盛られたネギとにんにくの芽を合わせて食べると豊かな香りが楽しめます。また、添え物のきゅうりは一緒に食べても、箸休めにもピッタリですよ。

大餅捲牛肉/牛肉ロール (110元)

大餅捲牛肉/牛肉ロール大餅捲牛肉/牛肉ロール

 パリっと焼いた生地で、牛肉とネギ、きゅうりを巻いたもの。「パリっ」と「もちもち」を併せ持つ生地は、これまでの餅の印象を覆す驚きの食感です。これは焼き方に秘密があり、片面はさっと空焼き、もう片面は油でじっくり焼くことで、2つの食感が楽しめる生地にしているのだそう。中の具は濃厚な味わいの牛肉、さっぱりしたきゅうり、しっかり味がする三星ネギ、そしてほどよく甘い特製テンメンジャン。個々に主張しながらも喧嘩しない、抜群の組み合わせです。


蘿蔔絲酥餅/千切り大根餅 (40元/個)

蘿蔔絲酥餅/千切り大根餅

 何層にも重なった生地に、大根を炒めて作った餡を包んで揚げた料理。一口かじってみると、サクサクの生地からとろとろ餡が。このサクサクの食感は生地の層があってこそ。手間のかかる作業ですが、犁園では伝統的な蘿蔔絲酥餅 の味わいを守り続けています。餡はほっこりする優しい味に胡椒の香りが漂います。手に持つとずっしりと重みを感じる揚げ物ですが、食べてみると不思議なほどにさっぱりしています。

南瓜芝麻包/カボチャまんじゅう (100元/8個)

南瓜芝麻包/カボチャまんじゅう

 可愛いいカボチャ型のスイーツ。もち米粉にカボチャを練り込んだ生地でお店特製のゴマペーストを包んでいます。キレイなオレンジ色を出すため厳選した日本産カボチャを使用し、味を主張しないホウレンソウの茎をヘタに見立てました。もちもちの食感の中にカボチャの自然な甘みとゴマペーストの優しい甘みが広がります。1口サイズの栄養満点なデザートで女性にオススメです。


流沙奶皇包/カスタードまんじゅう (35元/個)

流沙奶皇包/カスタードまんじゅう

 

流沙奶皇包/カスタードまんじゅう

 オーナーの一押しスイーツで、ふわふわの生地の中から黄金色のクリームがあふれ出します。クリームは塩漬けタマゴと牛乳で作っていて、タマゴに金門高粱酒をまぶしてオーブンで焼くことで香り高く仕上げています。オーナーがちょうどいい甘さを求めて1,000個は食べて研究した渾身作。なめらかさの中にあるざらざらとした舌触りが独特で思わずうなってしまう美味しさですよ。


ミニ情報

店長 蘇慶忠さんからのメッセージ

 犁園湯包館では手間を惜しまず作る料理をリーズナブルにお楽しみいただけます。おいしさの決め手は「アツアツ度」。ぜひ、できたてをお召し上がりください。

記者コメント

記者 どれもあっさり、甘さ控えめで、たくさん食べても身体に負担を感じません。また、オーナー自らホールに立って細やかな指示を出していて、サービスが行き届いていました。店を後にした瞬間から「次は誰と来ようか」と楽しみになる、そんなお店です。

(片倉愛)