儂來餐廳
儂來餐廳イメージ
予約する

(ノンライツァンティン)
 儂來餐廳は台湾料理の代表なお店のひとつで、2008年には「台北餐館評鑑優質餐館」に選ばれたこともあります。アラカルトはもちろんセットメニューもあり、伊勢海老やふかひれなど高級食材から、台湾小吃まで、何でもそろっています。

カテゴリ 台湾料理
住所 台北市中山區民生東路二段147巷11弄1號
アクセス MRT行天宮駅から徒歩約10分
電話 02-2505-0891
営業時間 11:30-14:00 / 17:30-21:00
定休日 旧暦の大晦日~1/3
標準予算 一人400元程度

クーポン和風サラダを一皿無料サービス

※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

あふれる伝統的な台湾料理

儂來餐廳の外観 儂來餐廳  儂來餐廳は行天宮のすぐ近くの路地裏にお店を構えています。台湾料理の代表的なお店のひとつで、2008年には「台北餐館評鑑優質餐館」に選ばれたこともあります。シェフの黄景龍さんは国の経済部が主催する「十大美食名廚新秀」や、「2009年世界廚藝邀請賽」では金賞を授賞するなど数々の賞を獲得しています。儂來餐廳は台湾人に人気の伝統的な台湾料理店で、観光客の方にとっても外せないお店ですよ。


数々の受賞トロフィー 黄景龍シェフは「学習、勤勉、伝承」という料理理念を持っていて、台湾の美食文化を伝承することに力を入れています。儂來餐廳のメニューは伊勢海老やふかひれなど高級食材から、庶民的な台湾小吃まで揃っていて、コースメニューもあります。店内は2つに別れており、大きい店舗は予約が必要なグループ客や宴会用。小さい店舗が一般のお客様用で、1テーブルで8~10人までの利用が可能です。


(取材:蔡昀蓁)


お手ごろ価格でグルメたちも納得の味

儂來餐廳  儂來餐廳は、台湾の伝統料理でもある佛跳牆(煮込みスープ)をはじめ、白斬雞腿(ゆで鶏)や烏魚子炒飯(からすみチャーハン)など、どの料理も、初代シェフの本場の味にこだわった精神が引き継がれていて、お値段もお手ごろでグルメな人たちからも愛されています。



 
イカのニンニク炒め
香蒜中卷/イカのニンニク炒め 290元
 蒜香中卷は前菜のひとつで、新鮮なイカを黄金色にこんがりと揚げています。外はサクサク、中はイカの水分がちゃんと残っていてプリプリとしていて、ほんのりと甘さが広がります。調理方法にこだわりがあり、まずイカをさっと油に通し、その後、イカのうまみが残っている油にネギ、にんにく、唐辛子を強火で炒め香りを出します。にんにくの香りとイカの香りが混ざり合い絶品です。台湾料理の見事な技ですね。

からすみチャーハン
烏魚子炒飯/からすみチャーハン 250元
 烏魚子炒飯は日本の観光客の方が来たら必ず注文すると言っていいほどの伝統料理です。東港のからすみを厳選し宜蘭の青ネギ、松の実をトッピングしています。鮭のほぐした身がたくさん入っているので、きれいなピンク色をしています。卵やにんにくの芽などもたっぷりと入っていて、からすみと一緒にいただくと、口の中にぜいたくな香りがふわっと広がります。からすみは一度焼いてあるので脂っこさは感じず、より一層香り豊かです。儂來餐廳の自信作ですよ。

黒毛豚スペアリブフライ
金沙排骨/黒毛豚スペアリブフライ 250元
 金沙排骨は黒毛豚の排骨(スペアリブ)を使用していて、その肉質はやわらかく肉汁を多く含んでいます。この肉質を生かすために、まず排骨をタレに漬け込み味をしみこませた後、すばやく油で揚げて、旨みを閉じこめます。揚げあがった排骨に鹹蛋の黄味を薄くまぶし、ネギ、にんにく、唐辛子などと一緒に炒めます。サクサクで衣の中には肉汁たっぷりの排骨が隠れていています。しっかりとした肉質は、油で揚げているにもかかわらずしつこさも感じません。咬めば咬むほどうまみが増す一品ですよ。

帝王蟹和風サラダ
帝王蟹和風沙拉/帝王蟹和風サラダ 450元
 こちらは西洋風の一品。帝王蟹和風沙拉(タラバガニの和風サラダ)は具だくさんで大ぶりで新鮮なタラバガニやアワビの細切りがふんだんに使用され、見ているだけでもよだれが出てきてしまいそうです。新鮮な生野菜と黒豆にトマトがトッピングされ、特製和風ドレッシングがかけられています。さわやかな口当たりは、食欲をかきたてます。

冷製鶏肉
白斬雞腿/冷製鶏肉 250元
 白斬雞腿は一番人気のメニューで、ほとんどのお客さんが注文するそうです。見た目はシンプルな鶏肉料理ですが、魅力がたっぷり。仿仔雞という肉質がしっかりしている鶏の腿肉を使用していて、サトウキビからとったスープに2日間漬け込みます。そして、とろ火でじっくり煮込み、肉質のやわらかさ、肉汁、風味を閉じ込めます。ピンク色の肉は新鮮でやわらかいながらも弾力があり、肉汁もたっぷりです。鶏の皮と肉の間にあるプルプルとしたゼリー状の部分にもしっかりうまみが閉じ込められています。付け合せのキムチともよく合い、一口ごとに鶏肉の美味しさが味わえます。

豚レバー
粉肝/豚レバー 130元
 粉肝は良く見かける料理ですが、口に入れたとたん溶けてしまうほどやわらかく、臭みのない口当たりは、たくさんのお客さんから愛されている一品です。この料理は1代目のオーナー自らが下処理をしているそうですよ。まず、針でレバーの表面にいくつもの穴を開け、臭みのもととなる血を抜きます。血抜きができたら乾燥させ、ふつふつと沸騰している熱湯に浸します。この時のお湯の温度や浸す時間は経験が頼りだそうです。口に入れたときのひんやりとして舌の上で溶けるような食感は、他のお店で食べるような、硬くパサパサした食感とは全然違います。新鮮でしっとりとした粉肝は、タレを付けなくても自然な甘みを感じることができますよ。

ぶっとびスープ
佛跳牆/煮込みスープ(ぶっとびスープ) 1,200元
煮込みスープ(ぶっとびスープ)  佛跳牆は台湾料理には欠かせません。新年や特別な時、お客様をお招きする時などなくてはならない料理です。だからこそ、観光客の方にはぜひこの台湾の味を味わっていただきたいです。儂來餐廳の佛跳牆は、海參(なまこ)、鮑魚(アワビ)、炸排骨(スペアリブ)、蹄筋(豚のアキレス腱)、豬腳(豚足)、桂竹筍(タケノコ)、魚皮、魚翅(ふかひれ)、草菇(フクロタケ)、豬肚(豚の胃)、芋頭(タロイモ)、炸鳥蛋(うずらのたまご)等の食材がたっぷり入っています。これらは甕で2時間かけて煮込まれ一つ一つの食材からのうまみを引きだします。スープはコクがあり、栄養満点です。一度食べたら忘れられない味ですよ。

記者記者:蔡小姐
  儂來餐廳の台湾料理は、シェフの手際のよさ、彩りのよさ、食材の選別と調理法など、どの点においてもとても印象深いものです。一度訪れたら台湾の伝統的な味がどんなものなのか、わかると思います。おいしいお料理をいただくならぜひ儂來餐廳へ!
マネージャー
マネージャー 黃凱琳さんからのメッセージ
 儂來餐廳の伝統的な台湾料理は数々の賞を獲得した黄景龍シェフの創作・監修によるもので、食材にこだわり新鮮なものだけを使用しています。台北に来たら是非私たちの心のこもったおいしいお料理をご賞味ください。ご来店お待ちしています。


▲ページトップへ戻る