旅々セレクト

TABITABI Select

糜家莊(吉林店)

糜家莊(吉林店)

 糜家莊は潮州料理の専門店。中でも手間暇かけてじっくりと煮込まれた潮式粥の豊かな香りと濃厚な味は思わず手が止まらなくなるおいしさです。お粥の他にも食べ応えのあるメニューがたっぷり用意されており、きっと大満足の食事ができますよ。

カテゴリ 軽食・粥
住所 台北市吉林路226號
アクセス MRT行天宮駅から徒歩約4分
電話 02-2541-7366
定休日 旧暦の大晦日
営業時間 17:30-AM3:00
WEB http://www.mehome.com.tw/
カード

日本語メニュー MRT 5分 日本語スタッフ [記号説明]

創作潮式料理のお店

 寒い季節に温かいお粥をいただくのは至福のひと時ではないでしょうか。糜家莊は潮式砂鍋粥を取り扱う専門店で、有名な「一品花雕雞」と関係のある会社だそうです。

 潮式のお粥類は濃厚で香りが良いのが特徴です。糜家莊ではお米を煮るときにとても手間暇をかけており、まず4種類のお米を配合し、さらに22種類の漢方を加え、8時間ゆっくり時間をかけて煮ます。その後、具材を加えてさらに煮上げて完成です。生米からじっくりと2度炊きされた香り高いお粥が糜家莊の潮式砂鍋粥です。

 潮式粥は濃厚なのが特徴で潮州の人はお粥を「糜」と呼ぶことから「潮州糜」という名前があります。「潮州糜」は加える具材によって「潮式的海鮮糜」「蟹糜」「蝦糜」「魚糜」などと呼ばれます。

潮式粥のおいしい秘密

 潮式粥のおいしさには3つの秘密があります。それは汁、食材、寿司米です。生米と漢方を混ぜ合わせて煮込み、米粒がなくなりとろとろになったところへ新鮮な食材と寿司米を加え、2回目の煮込みを行います。こうすることによってお米の食感がほど良く残る濃厚なお粥になります。お粥に入れる食材は自由に選ぶことができ、好きな食材を選んで違った味を楽しめます。

 また、薬味を加えて1つの同じお粥で違った味を味わうこともできます。まず1杯目は何も入れず、そのままの味を味わいます。2杯目は葱やザーサイ、豆腐乳などを加え一味違う味を楽しみ、3杯目は鍋の中でおいしいスープをたっぷりと含んで柔らかくなったお米の滋味深い味を堪能しましょう。

 お粥を炊くのに使われる砂鍋という土鍋は保温性が高く、鍋にある無数の小さな小さな穴が食材の香りを保つ役割を持っています。長く置けば置くほど、米粒がスープを吸い、食感が変わっていきますがお米の粒粒感が消えることはなく、薄すぎず、濃すぎずちょうどよい舌触りを維持してくれます。長く煮込んでスープ状になっている広東粥と違い、糜家莊の潮式粥は濃厚かつとろみがあり、香りが良く、他のお粥とは一味違います。

 糜家莊はお粥以外にも小菜や揚げ物、煮物も人気があります。ウイグル風に味付けされた豚リブの醬燒可魯骨、鶏手羽先にもち米を詰めた脆皮糯米翅や辛さと香りが際立つ宮保香辣蟹など種類も豊富でどれをオーダーしたら良いか迷ってしまうほどです。お粥のお店でこんなにたくさんのお料理があり、うれしい悲鳴をあげるとは思いもよりませんでした。

おすすめメニュー

北菇滑雞粥/キノコと鳥肉のお粥 (大鍋570元/小鍋370元)

 店長のオススメの北菇滑雞粥は見た目は地味ですが、驚くほど味わい深いお粥です。蓋を開けるとすぐさま濃厚な香りが漂ってきます。このお粥の椎茸には、ふっくらと肉厚で水気の多い「花菇」という品種を厳選して使っており、煮込む事で椎茸の旨みがお粥の中に溶け出し、椎茸はお米の甘みを吸い取ります。ひと口含むと椎茸から口いっぱいにスープが溢れ、豊かな香りが広がります。また、特製のタレに漬け込んだ後に煮込まれた鶏肉はほのかな香りを帯び、肉質は柔らかく「なんでこんなにおいしいの?!」と驚いてしまいます。お粥はすべてオーダーしてから作られるので15〜20分ほど時間がかかります。口の中でとろけるお米は、思わず次から次へと口へ運んでしまいます。

宮保香辣蟹/カニのピリ辛炒め 600元

 宮保香辣蟹はテーブルへ運ばれてきたらあまりの大きさに自分の目を疑ってしまうかもしれません。厳選した蟹を使用しているため肉厚で甘みがあり、お粥にピッタリなのだそう。適当な大きさに切った蟹を葱と朝天椒(唐辛子の一種)で炒め、そこへ特製のタレと卵を入れさらに炒め、蟹と卵に十分に辛味と香りを吸わせます。仕上げに花椒粉などでさらにしびれるような辛さと香りを加えてあります。ひと口食べるとまず辛さがやってきて、少し舌がしびれる感覚がありますが、次第に蟹の自然な甘みや旨みが口の中に広がります。一緒に炒められた卵は蟹の旨みと辛味を帯びたタレを吸って、やみつきになるおいしさです。辛いのが苦手な方は、調節できるのでオーダー時に伝えてくださいね。

鹹蛋金瓜/かぼちゃの塩たまご炒め 200元

 金色に輝く鹹蛋金瓜は見るからにおいしそうで食欲がそそられます。日本から輸入された金瓜(かぼちゃ)を使用していて、香りと食感のよい一品です。金瓜はまず揚げて中まで火を通し、鹹蛋(アヒルの卵の塩漬け)と細葱で炒めてあります。運ばれてくると同時に良い香りが漂い、食べると外側はさくっとしていて、中はほくほくに仕上がっています。鹹蛋の塩気と金瓜の甘さが絶妙に合わさった一品です。

脆皮糯米翅/手羽先のもち米詰め 138元

 とても手間のかかったお料理で、特製のタレに6時間以上漬け込んだ鶏手羽先の中にもち米を詰めて、タレをかけて蒸してあります。ただの鶏手羽先のように見えますが、ひと口食べると中からは甘みを吸ったもち米が現れます。もち米はソーセージや玉ねぎなどと炒めてあり、もちもちと弾力があります。鶏肉ともち米を一緒にかみしめた瞬間、あまりのおいしさに幸せな気分になりますよ。

醬燒可魯骨/スペアリブ 160元

 醬燒可魯骨はお粥が進むお料理で、お店でも人気の商品です。なぜ醬燒可魯骨名前かというと可魯(クイール:“盲導犬クイール”に登場するラブラドール・レトリーバーの名前)の骨を使っているのではなく、クイールが骨を食べているように見えるのでこう名づけたそうです。豚リブを揚げ、その後に特製のタレを塗って焼いてあります。豚肉の香り、うまみ、甘みのあるこのお料理はアメリカ式のリブに劣らず、噛み応えがあるので骨にかぶりついて食べるが好きな人にはおすすめです。タレと肉汁の旨みが合わさった味は筆舌尽くしがたいおいしさですよ。このリブは一頭の豚からほんの少ししか取れない最もおいしい部分を使用しているそうです。

蘆薈鮮芒汁/アロエ入りマンゴージュース 170元

 熱々のお粥を食べた後は冷たい飲み物が欲しくなりませんか?お店においてある飲み物のほとんどはフルーツジュースで、熱いお粥のあとに飲むにはぴったりです。店長のオススメは爽やかな味のアロエの果肉入りのマンゴージュースです。アロエの果肉には火照りを取り除き、食物繊維を補う働きがあります。透明で口当たりの良いアロエが甘いマンゴージュースに加わり、噛む楽しみもあるジュースです。フルーツジュースの他にはお茶類もありますよ。

ミニ情報

  • 休日は予約をおすすめします。
  • サービス料10%が必要です。
お店からのメッセージ

 一味違った潮式料理を味わいたい方はぜひ糜家莊へいらしてください。体によく、濃厚な潮式砂鍋粥が味わえますよ。

記者コメント
糜家莊(吉林店)

 糜家莊のお料理はどれをとっても驚くほどおいしく、食材も新鮮でお値段もお手ごろ、きっと楽しく満足のいくお食事ができるでしょう。お店の内装は豪華絢爛というわけではありませんが、明るく広々としていて心地よい空間です。心をこめて作られるおいしいお料理は味わう価値がありますよ。 (蔡小姐)

最終更新:2011年12月21日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.