旅々セレクト

TABITABI Select

鄧老師養生館

鄧老師養生館

 鄧老師養生館は足裏マッサージがまだ一般的でなかった時期から、数名のスタッフと共に、地道に足裏マッサージを世間に浸透させてきた、いわば草分け的存在です。
 あまりお金をかけずマッサージができるようにと、極力低料金でサービスを提供しています。

カテゴリ エステ/マッサージ
住所 台北市吉林路284號
アクセス MRT行天宮駅から徒歩約10分
電話 02-2571-5939
定休日 無休
営業時間 24時間
WEB http://www.teacherdeng.com.tw/
カード OK

日本語メニュー 日本語スタッフ カードOK [記号説明]

高雄が起源のマッサージ店

 鄧老師養生館の歴史は高雄から始まっています。足裏マッサージがまだ一般的でなかった時期から、数名のスタッフと共に、地道に足裏マッサージを世間に浸透させてきた、いわば草分け的存在です。

 今では台湾全国に15の店舗を構えるようになり、旗艦店は台北にあります。3階建てで約350坪の旗艦店内は、禅をテーマにデザインされており、チャイナテイストのどっしりした木の家具に、木彫りのダルマなどがディスプレイされています。どことなく落ち着きが感じられるのは、椅子と椅子の間の距離が適度に保たれているため。これはお客様に快適な健康体験をしてほしいというお店側の配慮によるものなんです。また、あまりお金をかけずマッサージができるようにと、極力低料金でサービスを提供しているんですよ。それでは、鄧老師自慢の健康増進方法「養生法寶」をご紹介しましょう。

コース体験

養生法寶 その1 上海足浴

 まずお店に入ると、スタッフが養生茶をサービスしてくれます。この養生茶は鄧老師養生館オリジナルの味で、春夏秋冬、季節に合わせた漢方を配合し作っているのだそうです。ほてりや冷え性など、様々な体質に対応できるように考えて作られたお茶ですよ。施術師の方によると、足裏マッサージには利尿や体内の毒素が排出される効果があるため、マッサージ後この養生茶を2,3杯か500ccぐらいの水を飲むといいそうです。

 上海足浴の前に、施術師が足に植物性配合の「ショウガ油」を塗ってくれます。これで足浴効果がぐっと上がるそうです。温度感は人によって違うので、熱すぎたりぬるすぎたりしたら調整してもらいましょう。 足浴の機器は、ジェットバスのように水圧でツボ刺激ができるようになっており、体がホカホカと温まります。アロマオイルも入れてくれるので、さらにリラックス効果が高まります。今回は、ラベンダーのアロマオイルを入れてもらいました。
 足浴中に、施術師は上半身をマッサージしてくれます。中国伝統の推拿(スイナ)というマッサージで、一番疲れがたまりやすい肩と首を中心に、体のコリをほぐしてくれます。

 マッサージの力が強すぎる、弱すぎるなど、希望があれば遠慮せず伝えてください。経験豊富な施術師が、その人に合った強さに加減してくれます。足浴が終わると機器の中のお湯はすぐに捨て、熱湯で洗います。衛生面もきちんと配慮がされているので、安心して利用できますよ。

養生法寶 その2 足裏マッサージ

 マッサージの際には、膝から下の部分に保湿効果もあるクリームを塗って滑りをよくします。いつも自分で使っているクリームや乳液を使いたい場合は、施術師に伝えると対応してくれます。
 施術師は、たいてい親指と人差し指でマッサージをしますが、手の平や腕の力を使って施術することもあります。立ちっぱなしや座りっぱなしの状態が続くと血液の循環が滞り、ふくらはぎがむくんでしまうそうですが、これは定期的に足裏マッサージをすることで改善されるんですよ。マッサージを継続することで、むくんだ足が次第に健康的な美脚に生まれ変わるのです。

 マッサージ中は、力が強すぎる、弱すぎると感じることがあると思います。そんな時はすぐ施術師に伝えて調整してもらってください。痛いのがいやだ、と思っている人も安心してマッサージが受けられますよ。 マッサージの最後にはホットタオルで施術部分を温め、叩くようにしてマッサージをしてくれます。終わってからは、足が随分すっきりし、軽くなったように感じるはずですよ。
 足の裏には70あまりのツボがあり、体内各部分へとつながっているそうです。体のどの部分が弱っているのか、注意が必要なのかがよくわかります。 足裏マッサージを定期的にしていると、体内に溜まっていた疲れや痛みなどマイナス要素が改善され、血行がよくなります。退社後にここでマッサージをするサラリーマンやOLも少なくないそうです。

養生法寶 その3 全身マッサージ

 鄧老師養生館の全身マッサージは、全身指圧マッサージともいえます。施術師は全身のツボを指圧し、コリをほぐして循環を促します。疲労を解消し、元気のなかった体の機能が健康を取り戻します。
 全身マッサージ前には、お店に用意されている浴衣に着替えます。まずホットタオルで首を温め、軽くマッサージをしてもらうと、徐々に体がリラックスしていきます。
 マッサージは手から始まり、関節から腕へと移行していきます。仕事でパソコンをよく使う人は手に疲れが溜まりやすいそうで、マッサージの際には痛みを感じるかもしれません。これは体内の脂肪酸が開放されたためで、正常な反応なのです。背中のマッサージでは首から腰に沿って指圧をしてもらいます。関節がほぐれていくのが感じられ、コキコキと音がします。長期間積もり積もった疲労感から一気に開放され、気分爽快ですよ。

 続いて頭部のマッサージ。仰向けになり、温タオルで顔を覆ってもらいます。まずタオルの上から軽く顔のツボをおしてから、頭部へ。施術師は親指と人差し指でこめかみをマッサージしてくれます。ポイントとなる部分を重点的にマッサージすることで頭皮の血行が促進され、頭がすっきりします。下半身マッサージの推拿(スイナ)では、長時間座った姿勢でいるせいで、骨盤から太ももにかけての関節に溜まる疲労が解消されます。

 全身推拿(スイナ)マッサージでは、体全体の機能が回復する効果があります。頭から足先まで、ベストに近い状態に戻してくれるんです。推拿マッサージが終わった後、疲労感が消え、体が軽くなりました。この日の夜は寝つきもよく、横になったらすっと寝入ってしまいました。
 翌日は筋肉痛のような痛みが肩や首に感じられましたが、これは筋肉がほぐされたためだそうで、個人差はありますが2日もすれば治りますよ。

オリジナルの健康方法 岩盤浴

 岩盤浴コースでは、丸い石を敷き詰め温めて、その上にマットを敷き、遠赤外線との相互作用で体を温めます。40〜65度まで温度が上がり、発汗を促すことで新陳代謝の促進や体内の不要物を排出することができるそうで、台湾でも人気の美容健康法です。
 岩盤浴のベッドには、たくさんの石が敷き詰められているのですが、この石がマイナスイオンを放出しており、細胞を活性化してくれます。そして遠赤外線には血液循環改善の効果があるんですよ。15分ほどの岩盤浴で、ジョギング10キロ分の汗が出るそうで、体内の不要物の大量排出を促してくれます。石のマイナスイオンが毒素を分解することで疲労回復、老化防止などの効果もありますよ。

 岩盤浴コースは約1時間ですが、大量に発汗するため、お店で用意されている浴衣を利用するのがベストです。横になるとスタッフが温度調整をし、ドーム型マシンを閉めます。熱すぎると思ったらすぐスタッフに伝えるか、自分で開けてしまってもいいそうです。
 岩盤浴には3段階あります。最初の10〜15分は温熱期。体を温めて血液循環を促進します。次に発汗期で大量の汗を流し、体温を調整します。最後は、皮下脂肪腺の毛穴が開き、遠赤外線によって大量の皮脂が、マイナスイオンによって体内の毒素が排出され、岩盤浴の効果が最大に発揮されます。

主なメニュー

メニュー
料金
メニュー
料金
上海足浴(上半身マッサージつき)20分
220元
全身指圧マッサージ 60分
1,100元
足裏マッサージ(上海足浴つき)40分
660元
イヤーキャンドル
500元
全身マッサージ(上海足浴つき)60分
1,100元
グワサー(上海足浴つき)
440元
アロマオイルマッサージ(上海足浴つき)60分
1,450元
カッピング(上海足浴つき)
440元
足裏マッサージ(上海足浴つき)40分+全身マッサージ30分
1,200元
岩盤浴60分
800元

ミニ情報

  • 施術時にはお店に用意されているマッサージ用の半ズボンや浴衣を着用します。
  • 施術師は「痛い」などの簡単な日本語がわかります。
  • 岩盤浴ルームには化粧台が設置されており、コース終了後に身だしなみを整えることができます。
  • 足の角質取りや足の爪切りのメニューもありますが、旅行者の方には、旅々台北ではお勧めしておりません。
  • 団体客と岩盤浴コースは要予約です。
  • 美容系のコースは、専門の美容師がサービスをします。
  • 台北市内のホテルから、電話で送迎車の予約ができますが、日本語が通じないため、宿泊ホテルのスタッフに依頼して電話予約をしてください。
お店からのメッセージ
鄧老師養生館

 不景気に打ち勝つためにも、体のメンテナンスをしっかりとしましょう。鄧老師養生館へのご来店をお待ちしています。

記者コメント
鄧老師養生館

 定期的に足裏マッサージをするようにすると、女性によく見られる下半身のむくみが改善しますよ。血液の循環がよくなり、体内の様々な機能が活性化され元気になれます!ベテランの施術師が揃う鄧老師養生館のマッサージをぜひ体験してみてください。 (陳小姐)

最終更新:2013年12月13日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.