喫飯食堂
喫飯食堂イメージ
予約する
(チーファンシータン)
 永康街の喫飯食堂は、台湾の伝統的な家庭料理をよりヘルシーに改良したメニューが楽しめる、休みには行列ができる人気店です。誠実をモットーとしており、手抜きや妥協を許さないという経営方針でお客様が絶えません。
カテゴリ 台湾料理
住所 台北市大安區永康街8巷5號
アクセス MRT東門駅4番出口より徒歩5分
電話 02-2322-2632
営業時間 11:30-14:00 / 17:00-21:00(LO:20:30)
定休日 旧暦の元旦
標準予算 一人250元程度
ウェブサイト http://www.sit-fun.com.tw

※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

台湾料理の真髄が味わえる店

喫飯食堂の外観 観光客にも人気の永康街で、休みともなると行列ができる喫飯食堂。台湾の伝統的な家庭料理をよりヘルシーに改良したメニューが楽しめると、大人気のお店です。呂文勇オーナーは宜蘭料理レストラン「呂桑食堂」も経営しており、「GSP優良商店"金質獎"」など店舗管理やサービスの面で受賞経験もあります。

喫飯食堂の店内 呂オーナーは料理界のアイディアマンとして有名な人物です。台湾料理を改良するに当たっては、料理の研究はもちろん、日本で料理人の精神について学んだ経験もあり、台湾の伝統料理をさらにおいしく、お客様に喜ばれる味にすることに成功しました。料理やサービスについては誠実をモットーとしており、手抜きや妥協は一切許さないという経営方針のおかげで店は繁盛し、トップクラスの政治家や、人気アーチストのジェイ・チョウが店を訪れることもあるそうです。

喫飯食堂の店内喫飯食堂の店内 店のエントランスでは、お勧め料理の写真と価格がずらりと掲載され、お客さんは安心して注文ができるシステムになっています。店内は民謡に出てくるような伝統的な田舎家を再現しており、きれいに磨きあげられています。天井の台湾名産のサトウキビや壁の絵が、古き良き台湾の食文化をイメージしています。

 また店内にはユニークなフレーズが書かれた、木製のプレートが飾られています。「太太怕我」とあるのは「太太(奥さん)が我(私)を怖(怕)がっている」もしくは「私が奥さんを怖がっている」のどちらでしょう。食事が運ばれてくる間に、同行者とそんな会話で盛り上がれますよ。

(取材:詹先生)

冰糖子排/豚肉の氷砂糖煮
蔥燒子排 (200元)
冰糖子排/豚肉の氷砂糖煮 さっと揚げた豚肉を、氷砂糖、オイスターソースなどで調味したタレで長時間ゆっくりと煮込みます。照りのある肉は美しく、豚肉は箸を入れるとほろほろと崩れ、ほどよい脂身の旨みが口の中に広がります。

南瓜豆腐/かぼちゃソース豆腐
南瓜豆腐/かぼちゃソース豆腐 (160元)
南瓜豆腐/かぼちゃソース豆腐 黄金色のかぼちゃソースは爽やかな口当たりです。かぼちゃのほっこりした甘みを感じることができ、豆腐やいんげん、しいたけなどの野菜の旨みを引き立てます。彩り豊かで栄養もある一品です。

花枝丸/イカ団子
花枝丸/イカ団子 (160元)
花枝丸/イカ団子 東港のイカを使用したイカ団子はたっぷりの量で大きく食べ応えがあります。イカのプリッとした弾力のある食感と新鮮なイカの香りが楽しめます。塩コショウをちょっとつけていただけばご飯にも合いますし、酒の肴にぴったりです。

梅汁雪魚/魚のフライ梅ソース
梅汁雪魚/魚のフライ梅ソース (180元)
梅汁雪魚/魚のフライ梅ソース 梅の果肉を煮込んで作ったソースは鮮やかな赤色で、さっぱりした酸味の中にもほのかに甘みがあります。新鮮な魚のフライにかければ更に甘みが増し、フライをあっさりと食べやすくしてくれますよ。

蝦仁蘆筍/アスパラガスと海老の炒め物
蝦仁蘆筍/アスパラガスと海老の炒め物 (260元)
蝦仁蘆筍/アスパラガスと海老の炒め物 色鮮やかなアスパラガスを厳選し、えびの剥き身とクコの実を合わせてさっと炒めています。アスパラガスはシャキシャキとした食感でほのかに甘みを感じます。ぷりぷりのえびがアクセントを加えて、あっさりとした料理です。

蒜香小捲/ニンニクとイカの炒め物
蒜香小捲/ニンニクとイカの炒め物 (180元)
 ベーシックな台湾料理です。オーナーによると、味の決め手はとにかく新鮮な材料を使うことだそう。鍋に醤油、ゴマ油、ショウガ、ニンニクを炒めて香りを出し、とうがらし、台湾セロリ、豆、イカを加えます。イカの中には卵がたっぷり詰まっており、弾力も抜群。ニンニクとの相性も見事です。

冬瓜茶
冬瓜茶 (60元)
 自家製の冬瓜茶であっさりした上品な甘みが人気です。

自製冬瓜茶/自家製冬瓜茶、宜蘭金棗/キンカンの塩漬け、紅豆糕/小豆ケーキ
自製冬瓜茶/自家製冬瓜茶 (60元)
宜蘭金棗/キンカンの塩漬け (100元)
紅豆糕/小豆ケーキ (80元/4個)
宜蘭金棗/キンカンの塩漬け 喫飯食堂ではオリジナルのお土産も販売しています。お店オリジナルの冬瓜茶は台東産の冬瓜をじっくりと煮込み手間隙かけて作られたものです。 宜蘭金棗もオーナーが地元の人と協力し、熟したキンカンを厳選して、素材の味を残すため塩だけを使って漬け込んだものです。キンカン本来の甘みが味わえるオーナーの自慢の一品です。
 甘いもの好きな人が外せないのは紅豆糕です。新鮮な牛乳と良質の小豆を使っています。小豆は滑らかさを出すために一度蒸して、牛乳と合わせて固めています。ひんやりと冷たい口当たりは食後のデザートにぴったりです。

ミニ情報

記者:詹先生
記者:詹先生

 清潔な店内で、とてもリーズナブルな価格で古き良き時代の台湾料理が楽しめます。台湾の家庭の味を試したい場合には、まず足を運びたいレストランです。


店長
店長 さんからのメッセージ
 私は台湾を愛しており、台湾料理の研究を重ねてきました。日本のお客様も私たちの台湾料理をぜひご賞味ください。

▲ページトップへ戻る