真的好海鮮餐廳
真的好海鮮餐廳
予約する
(ツェンデハオハイシャンツァンティン)
 「真的好」は国内外の政財界の名の知れた方々にもファンが多く、トップクラスの台北市の海鮮レストランです。
 単品のメニューがなく、来店したお客様は好みに応じて欲しい食材を選び、料理方法を注文するのが特徴です。

カテゴリ 台湾料理
住所 台北市復興南路1段222號1樓
アクセス MRT忠孝復興駅2番出口から徒歩約5分
電話 02-2771-3000
営業時間 11:30-14:30 / 17:30-21:30
定休日 春節(旧暦の元旦~5日)
標準予算 一人2000元程度
ウェブサイト www.reallygoodseafood.com

※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

調理はお好み次第

真的好海鮮餐廳 「真的好」は1995年10月に1号店がオープンしました。1号店は新生南路の大安森林公園に向かい合った一棟の独立したガーデン内にあります。2007年には賑やかな商業地区に新店舗を設けました。また上海にも2軒の支店があり、国際的なレストランチェーンのイメージを打ち立て、細やかでアットホームなサービスで、満足感を提供しています。

真的好海鮮餐廳 内装は、ニューヨークモダニズムの豪奢さと日本の室内庭園風のコラボレーションで、東西文化を融合させたという特色をもっています。 ロビーと個室の設計にはまた別の工夫が凝らされ、清代文学の大家、鄭板橋先生の書画「揚州雑記」を壁にめぐらしています。また個室式のプライベート設計のため、多くの国内外の有名芸能人もここの常連客です。今度ここで食事する機会があれば、もしかしたらスターを見かけるかもしれませんよ!

真的好海鮮餐廳 「真的好」の特徴は、単品のメニューがないことです。来店したお客さんはそれぞれの好みに応じてそれぞれのシーフードコーナーへ行き、欲しい食材を選び料理方法を注文します。姿蒸し、焼き物、フライなど、シェフはあなたのリクエストに応えて美味しい料理に変えてくれます。もし料理の注文をどうしていいかわからないお客さんには、要望と予算を言えば、「真的好」では専門のメニューアドバイザーが、あなたのためにメニューをアレンジしてくれます。

 シーフードコーナーへ行くとまるで水族館に来たかのようです。コの字型に三方をめぐらせた設計で、魚、エビ、蟹、貝などを含む各種海鮮が一目瞭然です。また、このレストランでは原産地のきれいな水環境を再現するために、多額のコストをかけて温度コントロール水槽や水ろ過設備を作りました。値段の高い海鮮食材がもとの生育環境で成長するとともに、お客さんがいっそう質の高い料理を満喫できるようになっています。

食器やワインにもこだわりが...

真的好海鮮餐廳真的好海鮮餐廳 「ウェッジウッド」のボーンチャイナ磁器を使用していることと、2フロアを貫くワインセラーは「真的好」の特徴の一つです。

 黒い鋼鉄のラックには世界各地から来たすばらしいお酒が置かれています。フランスの5大ワイナリーおよび各種厳選されたお酒、しかも日本酒会連盟とも交流があり、日本のお客さんの口に合うよいお酒をお薦めすることもできます。美酒と美味なる料理を目の前にすると、美食への期待がグンと高まります。

真的好海鮮餐廳 店内の二つのフロアには全部で13室の洗練された個室があります。6~18人が座れる1テーブルの部屋から、同時にテーブルを5台置ける大型個室まで揃っていて、人数で選ぶことができます。それに個人的なプライベートスペースや、150~250人が会食できる大型のバンケットホールもあり、結婚披露宴や会社の会食、忘年会にも最適で、さらにはケータリングサービスまであります。

 「真的好」のサービスは、来店したお客様が、みな親指を立てて「真的好(本当にすばらしい)」と言いたくなるはずです!

(取材:蔡小姐)

シジミの醤油漬け
醤漬蜆仔/シジミの醤油漬け (1皿/200元)
 この料理は通常、お店からお客さんへのサービスとして出されます。大粒で新鮮なシジミを醤油に漬け込んだ後、唐辛子、ショウガスライス、ニンニクなどで味を引き立てます。非常に台湾的な味で、噛んだ瞬間シジミ肉が口の中で崩れていく食感が感じられます。身は大きくジューシーで、かすかな磯の香りと貝類の香りがあり、どの身もぷっくり肉厚で、特に日本のお客さんに味わってもらいたいお薦め品です。

生茹でアワビサラダ
生扣活鮑沙拉/生茹でアワビサラダ (時価/約7,000元)
 生茹でという言葉は一種の料理方式で、生の食材を厳選されただし汁に入れ弱火でゆっくり中まで火が通るように煮ます。こうすることで、アワビの新鮮な滋味が保たれ、一般のレストランの切り身方式の料理とは異なるのです。「真的好」のアワビはサイコロ状に切ってあり、歯ごたえとボリュームが感じられます。山芋、大根、アスパラガス、さつま芋、トマト、オレンジなどと組み合わせたサラダアラカルトは、色も香りも味もすべて兼ね備えた料理です。レストランはさらに自家製のシーザー、和風、台湾風煮込み汁など三種類のドレッシングを供し、お客さんがお好みで選べます。

蟹ミソ南瓜スープ入りフカヒレ
黄◆魚翅/蟹ミソ南瓜スープ入りフカヒレ (時価/1皿約1,500元)
(◆=火へんに悶)
 蟹ミソと南瓜をシェフ独自の調理法で作り上げたこの料理は、外見からはとても特徴的に見えるばかりではなく、味も絶品です。フカヒレのなめらか感、コリコリした食感、蟹ミソ南瓜スープのコクある滋味が組み合わさって、おいしくてしつこくないスープに仕上がっています。

シャコの塩胡椒風味
椒鹽瀬尿蝦/シャコの塩胡椒風味 (時価/1匹約800元)
 この料理は日本のお客様さんが来店したら必ず注文する料理です。その魅力は特別な調理法にあり、シャコを三度も油で揚げるのです。一回めの揚げで、水分を追い出し甘味を増します。次に低温でじっくり火を通し、最後に強火の高温で揚げて食感をよりサクサクにさせます。ネギとニンニク、唐辛子を加えて味をととのえるので、比較的味の濃い料理です。 母シャコの体内には赤いシャコ卵があり、薄い塩味で、食感は特別です。シャコの殻の部分も食べられます。高温の油で揚げると薄く透け、口に入れるとサクサクで、食欲をそそります。

蟹おこわ
菜◆米■/蟹おこわ (時価/約1,200元)
(◆=虫へんに壽、■=米へんに羔)
 これはシーフードレストランでは珍しい米の料理です。香ばしくモチモチした歯ごたえのおこわに塩漬けのアヒルの玉子を加え、オリジナルのタレで炒め、枝豆少々を加えて香りを出し、最後に新鮮で甘い蟹肉で覆います。蟹肉が多くてぎっしり、口に入れると蟹自身の天然の甘味が味わえ、おこわと非常にマッチします。はるばる日本からいらっしゃったお客さんにも特別推薦です!本場の台湾料理を味わいたいなら、是非この料理を注文してくださいね!

つゆがけ蒸しロブスター
鮮露蒸龍蝦/つゆがけ蒸しロブスター (時価/1両約150元)
 原産地である澎湖島から直接買い付けたロブスターで、品質と新鮮さは折り紙つきです。シェフオリジナルのスープで、海鮮の生臭みを取り去り、大きく豊かな味わいのロブスターは、食べたらやみつきになります。フレッシュでジューシーなだけでなく歯ごたえも充分、シーフードレストランでこのような満足感ある料理を食べられることは滅多にないです。ロブスターを大口でほおばれるなんて、本当に幸せです!

ミニ情報

  • 値段は食材の重さや季節で変わります。このページに表記の「両」は1両=37.5グラムです。
  • 予約してください。
  • 10%のサービス料が別途必要です。
記者:蔡小姐
記者:蔡小姐

 真的好シーフードレストランは内装、料理、またはサービス面のどれを取っても、お客様第一の経営理念をモットーとしており、高級で豪華な食事空間を創り出しました。最高に新鮮な食材とシェフの洗練された腕が組み合わされ、一品一品美味しい料理が生み出されます。そして調味を味わうのではなく、素材そのものを味わうことにこだわり、お客さんに安心して食事してもらおうとしています。料理の中には、独特な台湾風味を代表する料理、本場の台湾の味があり、それを高級な食事環境に組み合わせました。はるばる日本からやってきたお客さんもお腹も口も満足させてくれるでしょう。機会があったら是非ここに来て味わってみてください!


総料理長
総料理長 李明 さんからのメッセージ
 真的好シーフードレストラン(REALLY GOOD SEAFOOD)は1995年にオープンし、14年来「調味を味わうのではなく、素材そのものを味わう」という料理原則にこだわってきました。海鮮料理の作り方を多国籍の調理法の粋と結びつけ、ただただお客さまに海鮮の本来の美味を味わっていただくために、店内はニューヨークモダニズムの贅沢な雰囲気の中で台湾周辺海域の各種高級食材のシーフードの饗宴をご用意し、必ずや皆様が一度来たらまた来たくなるレストランとして、現在台湾と上海の2軒にて、同時にサービスをご提供させていただいております。

クレジットカード可 (VISA、MASTER、JCB、AMEX、DINERS)席数:約450席 広域マップはこちら
loading...

▲ページトップへ戻る