欣葉101食藝軒

シンイエイーリンイーシーインシュエン

欣葉101食藝軒

 欣葉101食芸軒は台北101の85階にある眺望レストランです。お店の東、北、西の三面全てが窓になっていて、台北市を一望しながら、台湾料理の真髄を味わうことができます。

日本語を話すスタッフがいます。日本語のメニューがあります。MRTの最寄駅から徒歩5分程度で行ける範囲。予約して行くことをお勧めします。クレジットカードが使えます。 [記号説明]

カテゴリ 台湾料理
住所 台北市信義路五段7號85樓-1
アクセス MRT台北101/世貿駅4番出口すぐ
電話 02-8101-0185
営業時間 11:30-15:00(LO.14:20)
17:30-22:00(LO.21:00)
定休日 無休
WEB http://www.shinyeh.com.tw/
標準予算 一人1,000~2,000元程度
備考 クレジットカード可(VISA・MASTER・JCB・AMEX)
席数:210席
Loading...

台北市を一望しながら味わう台湾料理

欣葉101食藝軒の入り口

 欣葉101食藝軒は2007年4月に台北101の85階にオープンしました。台湾料理の代表店である欣葉が運営するレストランで、台湾料理の神髄を元に、常に新しい料理を作り出しています。初めて訪れる人や常連客を問わずに親切なおもてなしと数々の料理で出迎えてくれます。

(取材:Eleanor Ho)

風景を楽しむための工夫

欣葉101食藝軒の店内
欣葉101食藝軒の店内
欣葉101食藝軒の店内

 欣葉101食芸軒には東、北、西の三面全てが景色を眺められる窓があり、広々とした景色を見ながら食事を楽しみたいと思う人の期待を裏切りません。雲のない快晴なら淡水河と海の交わる所まで見えることもあります。内装は円がテーマとして使われていて、ライトや壁、テーブルなど見事に調和しています。

欣葉101食藝軒の店内

 店内は色使いやインテリアのコントラストが強めで、光と影の変化から様々な雰囲気が生まれます。天井は鏡面仕上げのステンレスで光を屈折させ、昼間は自然光とライトが交錯、夜は室外のライトアップで室内の光を作り出すようになっています。

 また食芸軒では各時間帯の食事に合わせて音楽をアレンジしており、台湾ポップスや洋楽、クラシックなどを織り交ぜて、更に虫や鳥の鳴き声や、水のせせらぎ、杯を交わす音などの効果音を加え、気持ちよく食事できる空間を演出しています。

考え抜かれたコース料理とオリジナルカクテル

 台湾料理の特徴である「一清二鮮三快炒」を活かし、あっさりとしていてかつシンプル、台湾の地元で採れる新鮮な食材を利用しさっと炒める方法で調理をしています。

 欣葉101食藝軒という飛び切りの場所で、様々な台湾料理を味わいたい人向けにセットメニューがあります。福爾摩莎套餐(フォルモサコース)や佛跳牆套餐(ぶっとびスープセット)などで、台湾の伝統的なグルメが味わえますよ。

 ここのもう一つの特徴は台湾のお酒をセールスポイントにしたカクテルです。小米酒、紹興酒、高梁酒などアルコール度数の高いお酒に、パッションフルーツ、荔枝など台湾のフルーツを合わせます。名前も台湾らしく、太魯閣、陽明山、鹿港など。上品な台湾料理に合わせてみると、絶妙のマッチングですよ。

専用のエレベーターで入店

 欣葉101食藝軒の入店方法は台北101の観光とは異なります。まず台北101ビルの南側にある信義路沿いのオフィスタワー入口からビルに入ります。ホールにはセキュリティゲートがあるので、有人のゲートで予約者の名前を伝えて通ります。エスカーレターで2階のレセプションへ行き、スタッフの誘導で60階に上がります。更に専用エレベーターで85階へ。右手にはおめでたい真っ赤な看板に、台湾料理の代名詞とも言える欣葉の2文字が目に入ります。また、台北101ビルには数ヶ所入口がありますが、レストラン階へは南側の信義路沿いの入口のみとなっていますのでご注意ください。

福爾摩莎套餐(フォルモサコース/1,800元+10%のサービス料)紹介 ※コースの内容はシーズンによって変わります。

玲瓏三喜拼/三種の前菜盛合せ

玲瓏三喜拼/三種の前菜盛合せ

 孔雀烏魚子(カラスミのイカすり身巻きスライス)、脆果海蜇皮(クラゲのナッツ和え)、北海道鮮干貝(北海道産ホタテ貝柱)のセットです。

 孔雀烏魚子は、まずカラスミを焼いてから海苔とイカのすり身を塗り付け、カリッとこんがりするまで油で揚げられます。単品では扇形に盛り付けられ、まるでクジャクが尾羽を扇状に広げているように見えることからこの名が付きました。

 一般的な台湾料理の前菜である脆果海蜇皮は、さっぱりした海藻の味わいにナッツの香ばしさが加わります。北海道鮮干貝は、大きく新鮮で甘い貝柱を軟らかめに焼いて、和風マスタードソースを塗ってから、イクラを添えます。海の香りと繊細な歯ざわりは、一度食べると忘れられなくなりますよ。

魚翅佛跳牆/フカヒレ入りぶっとびスープ

魚翅佛跳牆/フカヒレ入りぶっとびスープ

 魚翅佛跳牆は、四兩(150g)のフカヒレを2枚に分けて使っています。鶏肉、豚肉、レバー、タロイモ、シイタケ、ナマコなどの豊富な食材を入れて、豚の大骨、メスの古鶏を8時間じっくりと煮込んだスープを注いで、蒸籠に入れて1時間半蒸し、それぞれの高級食材の旨みを充分に引き出します。まろやかで後を引くコクがあり、まるで華麗な交響曲のような味わいですよ。


清蒸南非鮑/アワビのシンプル蒸し

清蒸南非鮑/アワビのシンプル蒸し

 南アフリカの高級アワビを厳選し、オリジナル配合の漢方を加えて30~40分蒸します。アワビの肉質は軟らかくなり、上品な漢方のほのかな香りが浸み込みます。アワビならではのもっちりとした歯ごたえも楽しめますよ。

醋溜鮮蝦球/揚げエビの甘酢ソース炒め

醋溜鮮蝦球/揚げエビの甘酢ソース炒め

 鮮やかで美しい揚げエビは明るく情熱的な盛りつけです。ソースは甘酸っぱさと辛さを持ちプリプリのエビとの相性も抜群ですよ。


清炒季節筍/旬タケノコのシンプル炒め

清炒季節筍/旬タケノコのシンプル炒め

 新鮮なタケノコは、台湾の代表的な野菜の一つで、見逃せない食材なんですよ。シェフは冬筍、緑竹筍、マコモダケなど旬のタケノコを選び、アスパラガス、パプリカ、銀杏などの野菜と混ぜ合わせ、油っこさを解消してくれ健康的です。(写真はマコモダケが使用されています)

菲力牛肉炒飯/牛ヒレのチャーハン

菲力牛肉炒飯/牛ヒレのチャーハン

 軟らかい牛フィレ肉とパラパラの卵チャーハンとの組み合わせは言わずもがな絶品で、添えられているのはほんのり辛い大根の漬物。ピラミッド型の盛りつけも目を惹きます。


おすすめ単品メニュー紹介

處女蟳蒸米糕/ワタリガニのおこわ (720元)

處女蟳蒸米糕/ワタリガニのおこわ處女蟳蒸米糕/ワタリガニのおこわ

 九兩~十兩(約350g~375g)のワタリガニを厳選しています。ふっくらした甘い身と蟹ミソたっぷりですよ。おこわは伝統的な風味で、お酒と黒ゴマ油の香り、そして細かく切ったシイタケと干しエビの香りがお互いを際立たせます。

手打魷魚羹/スルメイカのとろみスープ (600元)

手打魷魚羹/スルメイカのとろみスープ手打魷魚羹/スルメイカのとろみスープ

 スープには、細長く切ったアルゼンチンの特選スルメイカと、新鮮なイカで作ったプリッとした食感のつみれが入っています。タケノコの千切り、シイタケ、セロリ、エンドウマメも加わり、さっぱりとして上品な味わいになっています。


碧綠干貝酥/干し貝柱と二色野菜のパリパリ揚げ レタス包み (380元)

碧綠干貝酥/干し貝柱と二色野菜のパリパリ揚げ レタス包み碧綠干貝酥/干し貝柱と二色野菜のパリパリ揚げ レタス包み

 干し貝柱、海苔、じゃがいもを千切りにし、カリッとなるまで油で揚げて、これらをレタスに包んでいただきます。貝柱の旨味、海苔の香り、フライドポテトの味わい、さっぱりしたレタスのハーモニーは絶妙ですよ。

沙茶蚵仔煎/牡蠣の台湾風オムレツ (320元)

沙茶蚵仔煎/牡蠣の台湾風オムレツ

 雲林、嘉義、台南の良質で新鮮な牡蠣を使っています。大きめで甘みとまろやかさも特徴です。台湾の一般的な屋台の蚵仔煎とは異なり、とろみはなく、カリッと焼いた卵の中に牡蠣が包み込まれていてジューシーです。野菜も葱とみじん切りにしたニンニクを使っています。


杏仁豆腐/シンイエ名物 手作りモチモチ杏仁豆腐 (80元)

杏仁豆腐/シンイエ名物 手作りモチモチ杏仁豆腐

 

 厳選した杏仁を研磨し、手作りで作られます。食感が一般的な杏仁豆腐とは異なり、まるでお餅のようにモチモチでしっとりしています。他では絶対に食べられないオリジナルのデザートで、食事の締めくくりに最適で、きっとまた食べたくなりますよ。

お土産や贈り物におすすめ

金薑鳳梨酥/生姜パイナップルケーキ (380元/10個入り)

金薑鳳梨酥/生姜パイナップルケーキ

 

 セットメニューの最後を飾るのが馨鮮果酥點(季節の果物と台湾のお菓子)と甜湯(台湾スタイルお汁粉)です。この中で特別なのが、欣葉社長自らが研究開発したオリジナルの金薑鳳梨酥です。

 特徴はパイナップル餡に生姜ソースが加えられていること。生姜ソースは、台湾産の生姜を高圧洗浄を使ってキレイに洗い、水分を拭き取ってから、良い部分だけを残し、黒糖を入れてじっくり煮込んで作られます。お客さんに健康的に、安心して食べていただけるように考えられています。

 金薑鳳梨酥の外側はサクッと軟らかく、餡はパイナップルを凝縮したように濃厚で、生姜のほのかに辛い風味が加わります。意外なようですが、パイナップルとの相性は抜群なんですよ。

 店内では箱に入ったお土産用薑鳳梨酥(380元/10個入り)も販売されています。包装も美しく、贈り物としても、自宅用にしてもぴったりですよ。


ミニ情報

支店情報

メインシェフ 陳進雄さんからのメッセージ

 世界各国からお越しの皆様、台湾のランドマーク101食藝軒へのご来店を心より歓迎いたします。雲の上でのひとときを、ゆったりとお楽しみいただけますよ。

記者コメント

記者 11個のテーブルから始まった欣葉レストラングループは、当時の台湾料理レストランの定番を打ち破り、台湾で初めての台湾宴席料理レストランとなりました。台湾料理の真髄を世界に進出し、様々な国からの観光客にも楽しんでもらえるように工夫しています。

 欣葉101食藝軒は中華料理を洋風に食べる方式で、様々な種類の台湾料理が楽しめます。台北の美しい景色も堪能できますよ。親切で自然なサービスは、心も満足させてくれて、欣葉のモットーである「心を込めて・おもてなし・本物の味」を充分に感じることができます。

(Eleanor Ho)