盛園
盛園イメージ
(シェンユエン)
 このお店は、「中正紀念堂」のすぐ近くという良好な場所に位置し、賑やかな街中にあります。しかし、店内はアットホームな雰囲気で、とっても清潔。気持ちよく食事を楽しんでもらいたい、それがこのお店のモットーなのです。
カテゴリ 江浙(上海)料理飲茶・点心
住所 台北市杭州南路二段25巷1號1樓
アクセス MRT東門駅から徒歩5分
電話 02-2397-3522
営業時間 11:30-14:30 / 16:30-21:30
定休日 旧暦の大晦日~1月2日
標準予算 一人250元程度

※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

最高の立地条件

盛園 店内  あの「中正紀念堂」すぐそばにある「盛園」は、台北の主要幹線道路「信義路」やMRT駅からも近く、交通の便に恵まれた場所にあります。賑やかな都心にあるのですが、店内はとても穏やかで落ち着く雰囲気。静かに食事を楽しむことができますよ。

(取材:林小姐)



楽しい食事時間を過ごしてほしい

盛園 厨房 「盛園」創業当初は、豆乳の朝食メニューを中心としたレストランでした。現在の鐘オーナーは、もともと家業を継ぐ気はなかったそうですが、多くの料理人と交流をしていくうちに意識が高まり、自分のレストランを開く決意をします。その時、メインメニューは鐘オーナーが大好きな上海小籠湯包へと変わりましたが、「盛園」という店名は引き継いだのだそうです。

 鐘オーナーは、一つ一つの料理はもちろん食材にも目を配るため、全メニューの調理に参加しています。それだけではありません。すべての料理を常にベストの状態で提供するため、調味料の仕入れにまで顔を出すという徹底ぶりです。また、たくさんの人に食べてもらいたいという思いから、価格はできるだけリーズナブルに提供しています。お手軽な料金でも品質を下げるということは絶対にしないそうなので、安心して食べられますね。


盛園 店内 「盛園」は最初、杭州南路と愛国東路の十字路にありましたが、お店が手狭になったきたため、2005年4月に現在の場所に引っ越しました。店内は、どこか懐かしさを感じる中国風のテーブルと椅子が置かれ、所々に和風のデザインを取り入れた建築となっています。厨房がガラス張りになっていて、小籠湯包作りの様子を直接見ることができるようになっています。また、店内はとても清潔に保たれています。鐘オーナーのこだわりは、この清潔さにも表れていて、お客さんに気持ちよく食事を楽しんでもらいたいためだそうです。
 注文するときは、料理について気軽に聞いてみてくださいね。とても親切に説明してくれますよ。

絲瓜小籠湯包
絲瓜小籠湯包/ヘチマ小籠湯包 (8個・120元)
絲瓜小籠湯包 ヘチマをさいの目に切って下味をつけ、新鮮なエビや豚肉と混ぜ合わせたものが餡の小籠湯包。油っこくなく、とてもあっさりしていて、スープはヘチマのさわやかな香りにエビの甘みが感じられます。タレなど何も付けなくてもおいしく、油っこくないのでいくつでも食べられそう。ヘチマは、体を冷やす性質があるので、暑い日などにオススメですよ。

大餅捲牛肉
大餅捲牛肉/牛肉ロール (110元)
 葱油餅に牛肉を加えた、口当たりが楽しい牛肉ロール。中には香り高い甜麺醤とねぎと牛肉、中心にはキュウリが入っています。単純な料理のように思えますが、食べてみると独特の味です。キュウリは牛肉とねぎの香りを引き立たせていて、いいアクセントにもなっています。さらに、オーナーお手製の漬物も一緒に食べると、また違った美味しさに驚きますよ。

魚燒賣
魚燒賣/ふぐシュウマイ (8個・170元)
魚燒賣 山東のふぐを食材にし、すべてオーナーが手作りしています。ふぐの風味にセロリの甘さが加わって、口当たりが柔らかく格別です。ふぐは、オーナーが山東で偶然出会った食材。オーナーはその美味しさに感動し、台湾へ持って帰ることを決意したのです。ふぐは、山東海岸でのみ獲れる魚のため、輸入も難しかったそうです。台湾で、このような料理を味わいたいと思っても、「盛園」でしか食べられないかもしれません。海鮮料理が好きな方は、このふぐシュウマイを注文してみてはいかがでしょうか?

紹興醉雞
紹興醉雞/鶏の紹興酒漬け (180元)
紹興醉雞 これはオーナーの得意料理のひとつです。元気いっぱい放し飼いの地鶏を使用。よく運動する鶏は、肉に弾力性があり、この料理に適しているそうです。特にモモ肉を使用していて、噛み応え十分。鶏肉を秘伝のソースに2~3日漬け込み、鶏肉のうまみを増やした後、紹興酒のカメの中に2~3日漬け、調理に4~5日はかかります。カメを開けると紹興酒の香りがパッと広がり、鮮やかなクコの実がこの料理の美味しさをアップさせています。この料理のファンは、鶏肉を食べ終わった後、紹興酒も全部飲んでしまうそうですよ。

(1)餡を入れる
(1)餡を入れる
(2)つまむ
(2)つまむ
(3)線を出しながら
(3)線を出しながら
(4)完成<
(4)完成

記者
記者:林小姐

 あれこれ食べてみましたが、どれもおいしくて材料がしっかりしていると思いました。それだけでなく、オーナーが久しぶりに会った友達のように親切。私は、自信をもってこの「盛園」をオススメします。台湾に来て、おいしい小籠湯包を食べてみませんか?ここに来れば、満足できること間違いなしですよ!


オーナー
オーナー さんからのメッセージ
 「盛園」に来るお客さんが、ここを自分の家のように、そして私を古い友人のように思い、リラックスして美味しい料理を楽しく食べて頂けたらと思います。さらには、食べてもらった料理を評価し、感想を聞かせてもらいたいと思います。そうすることで、さらに美味しい料理を作り出す努力ができますから。高品質で、美味しい料理をこれからも作り出したいと思います。


Loading

▲ページトップへ戻る