兆元印社イメージ
(ジャオユエンインシャー)
 「兆元印社」では、お客さん一人ひとりの運勢や用途に合わせて、印鑑の材料を選び、デザインを決めていきます。一つ一つ手彫りで製作するので、他にはない自分だけの印鑑ができあがります。
カテゴリ ショッピング
住所 台北市中山北路一段70號
アクセス MRT台北車站2番出口から徒歩約5分
電話 02-2562-7469
営業時間 11:30-20:00
定休日 日曜、旧暦の大晦日~1/8(予約があった場合のみ営業)
ウェブサイト http://www.sealgallery.com.tw/

(取材:林小姐)


クーポン

お買い物をすると5%割引サービス



※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

材料からこだわる手作り

兆元印社 入口  台北市の繁華街にあり、赤い看板が目印の「兆元印社」は、台北駅の近くと交通の便がよく、たくさんの人が訪れています。35年という長い歴史を持ち、繁華街の中にありながら、落ち着いた雰囲気で、ゆったりとした時の流れを感じさせてくれるお店です。

兆元印社の店内 店内には、精緻な彫刻を施した、様々な印鑑がずらりと並べられています。このお店で造られる印章は、材料の選択から彫刻まで全てオーナー自らが行っています。手彫りで造ることにこだわっているので、大量生産とはいきませんが、この印章の風格と精緻さが多くの人を魅了し、海外にもたくさんの愛好者がいます。



他にない自分だけの印鑑

印鑑用の石材、象牙など 印章の起源は悠久の昔に遡ります。中国では古代から印鑑を身分の象徴としてきました。そして現代、台湾も日本と同様に、印鑑は自らの重要な証明手段です。認め印をポンと押すときでも、重要な契約書に捺印するときでも、不思議な緊張感がありますよね。
 そんな重要なアイテムの印鑑は、いわば自分の分身。では、自分だけの印鑑を持つには?オーナーに相談すると、いろいろと教えてくれました。まず、材料を選ぶことから。材料には、玉石・象牙・翡 翠・紫檀などさまざまなものがありますが、オーナーは、お客さんの誕生日の運勢を見て、それに適した材料を選びます。また用途によっても変わってきます。例えば社印の場合は、寿山石がお勧めだそうですよ。

石選びのアドバイスをしてくれます 印章は、磨耗や使用、彫刻制作に耐えられる強度が必要です。そして最も大切なのは、それぞれの材料が「生気」を持っているということです。ですから、一つ一つが生命力を感じる印鑑になるのです。

 自分に適した材料を選んだら、本体の彫刻を決めていきます。お客さんの干支をモチーフにすることが多いのですが、用途によって特別なデザインもあります。中国では金運を招くとされている、銭をくわえた三脚ひき蛙はオーナーもお勧め。他にも、結婚印鑑は、オシドリが水に戯れているもので、永遠の愛を表しています。

手彫りで制作 「兆元印社」の印鑑は全て、お客さんの注文に合わせてデザインし、手彫りで制作するので唯一無二のものになります。原図もお客さんと再三検討を重ね、慎重な過程を経てから制作されます。彫刻の時間は、だいたい1日かかりますが、完成品を送ってくれることも可能ですので、ご安心ください。
 大切な印鑑、こうして丁寧に造ってみるのはいかがでしょうか?

翡翠
白玉
 玉石、翡翠類
 翡翠は、高級な玉石で、よく開運の印鑑に用いられます。護身・魔除けの作用とともに、骨を護る効果があるといわれています。ですから、骨に傷を受けた人が身につけると、骨の回復が早まるといわれています。
 白玉は、立身出世につながる個人の行動力を象徴し、黄玉は、高い富貴と金運を招く玉石の代表です。
 このお店は日本人もよく訪れますが、清純ですがすがしい雰囲気の漂う白玉は、特に日本の女性に人気だそうですよ。

紫檀
紫檀
紫檀
 紫檀は、長寿と絶えない生命力を意味しています。紫檀を彫刻して造られた印の飾りは、まるで生きているかのようで、そのものに生命力を感じます。

象牙
象牙類
 象牙には、血牙と白牙の2種類ありますが、白牙は使用できません。象牙は高貴で優雅な材質で、亀裂なども発生しにくく、福禄寿の象徴です。さらに、霊力が強く、印章に用いた場合、開運を助ける効果が大きいといわれています。ですのでオーナーは、縁起の良い魚を図案に選び、自分が栄達できることを象徴するよう勧めています。

ミニ情報

店主
店主 さんからのメッセージ
 『万物は陰と陽が合体して和となる』。全てのものには正反の二面、陰陽の二つの世界があります。印鑑はその均衡点にあるもので、私たちが追求するものは私たちの中にある均衡点なのです。


Loading

▲ページトップへ戻る