史大華精緻麵食館
史大華精緻麵食館イメージ
(シーダーホアジンジーミエンスーグァン)
 すべての味付けをおかみさんの手でしているという麺屋さん。その味は、食べた人を幸せな気持ちにし、また食べたくさせるもの。きっとあなたも虜になってしまいますよ!
カテゴリ
住所 台北市安和路二段74巷4號
アクセス MRT信義安和駅から徒歩約5分
電話 02-2706-4436
営業時間 11:30-14:30 / 17:00-21:00
定休日 日曜日
標準予算 一人200元程度

※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

通いたくなる味

史大華精緻麵食館 「嗎哪」の味に惚れ込み、毎日通うほどのファンもいるのだとか  今回、ご紹介するのは、安和路にある麺屋さん「嗎哪(マーナ)」です。小さなお店なのですが、ここで食事をすると感激する、とのウワサ!毎日通うほどのファンもいるそうですよ。どれほどおいしいのでしょう?これは、麺好きな方のみならず、みなさん要チェックです!


(取材:林小姐)


リラックスできる落ち着いた雰囲気

仕事の合間、ランチタイムも店内にはゆったりとした時間が流れていますおかみさんが何気なくつけたこの「嗎哪」という店名には、偶然にもとても深い意味がありました  お店に入ると、目に飛び込んでくるのは、慌ててご飯をかき込み、オフィスに戻る人たち…ではなく、新聞や雑誌を悠然と読みながら昼食をとっているお客さん。麺屋さんといえば、大きな叫び声が飛び交い、あわただしい風景が見られるのですが、このお店は、クラシックが流れ、とても落ち着いた雰囲気。誰にも邪魔されない空間が広がっています。台北のような忙しい都市で、ランチの時間にこんなにリラックスできるなんて!このお店の人気にもつながっているのかもしれませんね。

「嗎哪」は旧約聖書の出エジプト記に登場する伝説の食物です 気さくに迎え入れてくれるおかみさんは、以前からの知り合いのような気がしてします。常連のお客さんが「家族」のような温もりを感じるのは、おかみさんの人柄が大きく影響してるのでしょう。
 また、おかみさんの味に対するこだわりはとても強く、すべての味付けを自分の手でやっているのだそうです。食べた人を幸せな気持ちにし、また食べたくさせる味を守っているのですね。


唐辛子 マークは、辛さの度数です。

 
麻辣半筋半肉牛肉麺/辛味牛肉麺 (230元)
 香りはしつこくなく、牛肉だけでとったダシと醤油を合わせたスープは、透明でとてもきれいです。具の牛肉は、台湾の上等な黄牛肉。仕上げには、四川の有名な山椒とおかみさん特製のラー油をかけます。一口食べれば、思わず「最高!」と言ってしまうほど。私もヤミツキになりそうです。辛いものや牛肉麺が好きな方には特にオススメ。どうか「嗎哪」の麻辣半筋半肉牛肉麺をお忘れなく!
辛味牛肉麺
辛さ度数3 唐辛子 唐辛子

蒸し鶏と山椒のスープヌードル
椒麻鶏絲湯麺/蒸し鶏と山椒のスープヌードル (110元)
 スープは透きとおっていて、香りが濃厚。毎日16羽の上等な鶏で作ったスープに、オリジナルのソースを配合し、この香り高いスープを作り上げています。鶏の細切りは、上質な風鶏を山椒と塩で炒め、2週間空気乾燥させます。それを蒸してから、ようやくこの甘い鶏の細切りになるのです。手間をかけて作ったおいしい鶏肉とスープには、もちろん上等な麺が欠かせません。「嗎哪」で使用している麺は、厳選され、台湾の衛生認証を取得しているので、安心して食べられますよ。

キムチそぼろ麺
泡菜肉末乾麺/キムチそぼろ麺 (90元)
四川キムチ  スープの入っていない麺の上に、キムチ・そぼろ・葱がのっています。口に入れると、甘酸っぱい中に、お酒の香りが広がります。その味は、本場の四川キムチとそぼろを一緒に炒めると出せる味なのだそうです。この四川キムチは、人口調味料を使用せず、独特の技で作られ、お客さんの人気も非常に高い一品です。キムチだけ食べたいという人もOK。1皿30元で味わうことができます。

紅油抄手/四川風ワンタン (80元)
 海老と豚肉の特製の餡を包んだワンタンは、滑らかな食感で、しつこさがなく、これならいくらでも食べられそう。特に組み合わせたラー油は、淡い山椒の香りが絶妙でとてもおいしいです。本場、中国から輸入した最高級の山椒を使用したオリジナルラー油は、台湾一と言えるかも知れません。お客さんからも、ラー油を持ち帰りたいという希望が出るそうですよ。
四川風ワンタン
辛さ度数3 唐辛子 唐辛子

 
牛胃 牛肚/牛胃(80元)

 「嗎哪」のおつまみはどれもおいしい!こんなにおいしいのに、どれもとてもリーズナブル。写真左のものは、新鮮で色も鮮やかなキュウリに、中国の有名な最高級の産量を混ぜ合わせたものです。ピリ辛なのですが、しつこくなく、次から次へとついつい手が伸びてしまいます。写真右のものは、コリコリとした食感の牛モツに、特製の自家製ソースをかけたものです。さらに、自慢のラー油をちょっとつけて食べると、口の中は幸せでいっぱい!

小黄瓜
小黄瓜/キュウリのピリ辛和え(40元)
辛さ度数3 唐辛子 唐辛子

ミニ情報

記者記者:林小姐

 決して大きなお店とは言えない麺屋さんですが、こんなにも人気があるなんて知りませんでした。味わってみると、なるほど納得。みなさんに支持されるのには、訳があるのだと分かりましたよ。


オーナー
オーナー 史大華さんからのメッセージ
 すべてのお客さまが、辛いことや悲しいことを忘れるくらい、心の底からおいしいと思い、料理を味わっていただければと願っています。また、お客さまにとって自分の家のような存在になり、みなさんのふるさとの味を伝えられるようになりたいと思っています。大切なお客さまがいることは、私の動力にもなるのです。


▲ページトップへ戻る