旅々セレクト

TABITABI Select

高家荘

高家荘

 真っ赤で大きな看板が見印の「高家荘」は、台湾伝統の「小吃」、特に「米苔目」の名店として有名です。  老舗の伝統的な「小吃」はきっとあなたの舌を満足させてくれるはずです。

カテゴリ 台湾料理
住所 台北市林森北路279號
アクセス MRT中山駅またはMRT雙連駅から徒歩約10分
電話 02-2567-8012
定休日 不定期(月2回程度)、旧正月3日間
営業時間 平日 19:00-05:00/土日 19:00-05:30
WEB
カード

日本語メニュー MRT 10分 [記号説明]

台湾伝統の「小吃」の名店

 台北は林森北路。昼間はごく普通の町並みですが、夜になるとネオンがこうこうと輝き、カラオケボックスやパブ、マッサージ店などが営業を開始します。

 この大勢の人と車が行きかう眠らない町では、周りの洋服店や飲食店、その他の店も真夜中まで営業しています。今回ご紹介する、真っ赤で大きな看板が見印の「高家荘」は、台湾伝統の「小吃(軽食、夜食の意味)」、特に「米苔目」の名店として有名です。

「米苔目」って?

 中国の食文化の中心は、何と言ってもやはりお米です。そのお米を原料にして、中国人は数々の料理を生み出してきました。「碗粿」「麻薯」「状元糕」(いずれも米と豆、芋、ゴマなどを組み合わせた食べ物)などがそれですが、その中でも「米苔目」は米食文化の代表作ともいえる料理なんですよ。

 この日本のうどんによく似た「米苔目」は、元々中国大陸は雲南省に起源を持つ食べ物ですが、客家族に受け継がれ、何代もの間に海を渡り、台湾にやってきました。

 「米苔目」の主な材料はお米とサツマイモの粉ですが、この原料の微妙な混合率が味のすべてを決定するそうです。安くあげようとサツマイモの粉や、別の材料を多めに入れると、腰のある「米苔目」はできません。十分な米を使用してはじめて、歯ごたえ十分でつるつるした「米苔目」が出来上がるそうですよ。

日本語メニューで安心

 「高家荘」は30年以上の歴史を持つ老舗で、かつて一日に1,000杯の「米苔目」を売り上げた記録を持っている名店です。店長によると、よく日本からのお客さんが来るため、日本語のメニューを準備しているそうですよ。

 屋台だった時代から、大きな店を持つようになった現在に至るまで、店長のこうした親切なサービス精神が、「高家荘」の成長の力となっているのでしょうね。

おすすめメニュー

米苔目/米苔目 (30元)

 米苔目」の材料はお米とサツマイモの粉です。もちろん店長が厳選した物が使われています。それを店長独自の混合比で練り上げた麺は、当然混ぜ物なんて使ってはいません。

 とんこつスープに、ネギや具を入れて出来上がった「米苔目」を一口頂けば、歯ごたえのあるこの口当たり、のど越しの良さにさすが名店!と思うはずですよ!

魚蛋沙拉/魚卵マヨネーズあえ (100元)

 新鮮なセスジボラの卵巣を蒸して、綺麗な黄金色になるまで油で揚げます。それをスライスしたのものにマヨネーズをかけた料理です。ボラの卵巣といっても、カラスミとはまた違った美味しさがありますよ。カラスミ好きな人に、ぜひ試してほしい一品ですね。

紅燒大腸/煮しめ大腸 (80元)

 新鮮な豚の大腸を、大豆と漢方薬で煮しめます。この柔らかい大腸を口に入れるといい香りが口一杯に広がります。ショウガのせん切りとともにいただくと、味が一層引き立ちますよ。

紅燒肉/チャーシュー (60元)

 厳選した豚肉をまる一日漬け込んで、味つけします。それにサツマイモの粉と片栗粉をまぶし、外皮が香ばしくパリパリになるまで油で揚げ、それをスライスしたものに、自慢の特製タレにつけていただきます。外はカリカリ、中はしっとり二つの食感がたまらない一品ですよ。

芥末軟絲/ゆでイカ (100元)

 基隆の漁港で採れた新鮮なイカを、さっとお湯に潜らせて、ワサビ醤油だけでいただく料理です。店長さんによると「新鮮さに自信がないと、こういった素材その物の味を楽しむ料理は出せません」との事。

お店からのメッセージ
高家荘

 ごく普通のお値段で充実した料理、これが「高家荘」がお客様にお届けする最高のサービスです。

記者コメント
高家荘

 あつあつでコシのある「米苔目」を、新鮮な料理と共にいただく。これが台湾伝統の「小吃」文化の、究極とも言える美味しい食べ方です。初めて台湾においでになるあなた、この台湾の「小吃」を是非お見逃しなく。(蔡小姐)

最終更新:2012年10月26日

copyright(C) Magicalsite Taiwan Inc. & MagicalSite Inc. All Rights Reserved.