紫藤廬
紫藤廬イメージ
予約する
(ヅートンルー)
 「紫藤廬」は賑やかな大通りの傍らに、ひっそりと佇む茶藝館です。見落としてしまいがちですが、実はただの茶藝館ではありません。
 史跡として登録されている歴史あるこの茶藝館で、時の流れを忘れゆったりとした気持ちで、お茶を楽しんでみませんか?

カテゴリ カフェ・茶藝台湾料理素食料理
住所 台北市新生南路三段16巷1號
アクセス MRT台電大楼駅2番出口から徒歩約15分(タクシー推奨)
電話 02-2363-7375
02-2363-9459
営業時間 10:00-23:00
定休日 旧正月(大晦日~1/3)
標準予算 一人300元程度
ウェブサイト http://www.wistariateahouse.com/main/modules/MySpace/index.php

※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

生まれ変わった紫藤廬

紫藤廬  新生南路の大きな通りの傍らにひっそりと佇む「紫藤廬」は、目を引く看板もない(白い紙に筆で「紫藤廬」とあるだけ)ので、見落としてしまいがちですが、実はただの茶藝館ではありません。

 この古い建物は、当初は学術文化の討論や台湾民主運動の拠点として使われました。その後、1981年に茶藝館としてオープンし、現代の茶藝館ブームの草分けとなったのです。

緑の美しい小道  また紫藤廬の建物は80年以上の歴史を持ち、1997年には正式に古跡として指定されたほど歴史的特色の濃い茶藝館なのです。

 しかしその歴史は建物を老朽化させ、2007年からは閉鎖、改築工事が行われて2008年6月にリニューアルオープンしました。生まれ変わった紫藤廬は木造やコンクリートの外壁も新しくなり、おい茂っていた藤の木もさっぱりと刈り取られ、お客さまも新鮮な気持ちで、文芸サロンへの小道を進むことができるようになりました。

改築後はより一層美しく、お茶を楽しめる空間になりました 庭には新しく石のテーブルとイスが置かれ、藤棚の下で池の鯉を眺めながらお茶を楽しめるようになりました。店内のインテリアはさほど変わっていませんが、展示会や記者会見などが行われるエリアは天井がガラス張りとなり、明るい空間になっています。さらにホールの壁は塗りなおされ、電気コードなどは壁や天井に隠されました。また随所に紫藤廬ではおなじみの藤製のイスとテーブルがおかれ、80年の歴史とモダンさがほどよく入り混じった、明るく落ち着いた雰囲気となっています。


(取材:邱小姐・陳小姐)


日本式のインテリア

庭園の一角には鯉を飼っている池も 庭園  敷地に足を踏み入れると、緑の濃い庭園にが目に飛び込んできます。七賢竹や芭蕉などの木々が立ち並び、一角には鯉の池もあり、静かな茶藝館に生命の息吹を吹き込んでいますね。

 店内に続く扉を開けると、お茶の道具や古跡の資料が両脇に並んでいます。そして木の床、藤椅子、木の机、庭全体を見渡せる大きな窓。このメインルームは以前民家の居間として使われていた所で、改装され開放的な喫茶空間に生まれ変わりました。

建物の随所に日本の建築様式が見受けられます ゆったりと落ち着いた雰囲気の部屋で、是非お茶を楽しんでください  ここ以外は紫蘇房、紫縁廰、紫雲閣など大きさの異なる部屋に仕切られ、お客の人数に合わせて使用しています。どの部屋にもすだれやふすまが使われ、日本情緒に溢れています。また、たたみを敷いてある部屋もあります。静かにお茶を愉しみたい人が、のんびりとした時間を過ごすのにぴったりの空間ですよ。


美味しいお茶を飲む為に

お茶の入れ方に自信がない時は店員さんにお願いしてみましょう お茶は種類が多く性質や味も様々で、それに応じて淹れ方も多種多様です。お茶をたしなむ人は、茶葉によって淹れ方を変え、お茶の味を最大限に引出すこと知っています。

 ここ「紫藤廬」では、自分でお茶を淹れることもできますが、初めての方のために、店員さんが見本を見せてくれるので、「飲みたいけど淹れ方が分からない」と心配する必要はありませんよ。

 お茶の淹れ方は基本的に宜興式小壺品茶(宜興焼きのセット使用)、蓋杯品茶(茶漉し付きマグカップ使用)、天目小茶碗品茶(天目のミニ茶碗使用)の三つに分けられます。店員さんはお客の好みや天候に合わせ、適切なお茶をアドバイスしてくれます。また、お茶のメニューは店長自らが筆を取り、お茶の特製についても詳しく書かれていますよ。


 

 お茶にはお茶菓子が欠かせませんよね。「紫藤廬」では直接菓子舗に注文して、自ら目を通したものだけをお客に出しています。また、お茶は季節に合わせて各種取り揃えています。

緑豆のお菓子
緑豆糕/緑豆のお菓子 (80元)
 お茶には伝統的なデザート、緑豆糕が欠かせません。滑らかで、柔らかく、口に入れるとすっと溶けていきます。豆の風味は濃厚ですが、しつこくなく、ほのかな甘みがお茶とちょうどよく溶け合いますよ。

パイナップルケーキ
鳳梨酥/パイナップルケーキ (80元)
 鳳梨酥も伝統的なデザートです。皮は厚くサクサクで、餡はモチモチした食感です。一口かむと、パイナップルの香りが口一杯に広がります。お茶といっしょにいただくと本当に最高ですね。

青石流泉
青石流泉/青石流泉 (380元)
 緑茶の一種で、自然生態茶とも呼ばれます。冬に飲用するのがオススメだとか。茶碗の中で変化するお茶の葉を愛でながら、お茶を楽しむことができます。さわやかで、強い甘みがありますよ。

ミニ情報


記者記者:邱小姐

 私自身お茶は好きなほうではありませんでしたが、取材を終えてお茶文化に対する考え方が変わりました。お茶を飲むことがこんなに愉しく、優雅なものだったとは・・・。

 お茶を愛する方なら、1度は足を運んで見てくださいね。ちなみに取材当日には、日本など外国のお客が数多く訪れていました。お茶は国境を超えた芸術なのですね。


周渝
オーナー 周渝さんからのメッセージ
 「紫藤廬」ではお茶の楽しさを堪能するだけでなく、伝統的なお茶文化の芸術を体験し、身も心も養えられる。そんな環境づくりを心がけています。どうそ、「紫藤廬」で愉しく、快適なひとときをお過ごしください。ご意見がございましたら、何なりとお申し付けください。今後の参考にさせていただきます。


▲ページトップへ戻る