有記名茶
(ヨウジーミンツァー)  
 百年もの歴史を誇る老舗茶屋「有記名茶」。伝統的製法を頑固なまでに守り続ける、このお店のお茶は、一味も二味も違います!製茶過程を見学し、出来立てのお茶を、その場で買うこともできます。お茶好きの方はぜひ、どうぞ!
カテゴリ ショッピング
住所 台北市重慶北路二段64巷26號
アクセス MRT雙連駅から徒歩約10分
電話 02-2555-9164
営業時間 9:00-19:00
定休日 毎週日曜日、旧正月(農暦の1/1~1/6)
ウェブサイト http://www.wangtea.com.tw/
(取材:蔡小姐)

クーポン

1000元以上お買い物の方にティーバッグをプレゼント



※枠付きの写真は、クリックで拡大画像が別ウインドウに表示されます。

百年以上の歴史を誇る老舗茶屋

有記名茶  農業が国家の経済を支える中心であった時代、大稻埕区の茶葉の輸出額は台湾総輸出額の50%を占め、台北の経済発展の中心地でした。 時代の変遷に伴い、大稻埕区も徐々に歴史の1ページとなりつつある今、百年もの歴史をお茶と共に歩んできた、老舗茶屋「有記名茶」を訪ねてみました。


レトロな雰囲気漂う店内

歴史を感じさせる赤レンガ造りの店舗  素朴な赤レンガ造りの店舗は台北の重慶街にあります。重厚な深褐色の木製扉を押して店内に入ると、お茶の爽やかないい香りが、すっと流れてきます。上質な茶葉の生産販売から事業を始めた「有記名茶」は既に百年の歴史があり、店内のインテリアは、何とも言えないレトロな風格が漂っています。

店内に入るとお茶のさわやかな香りが漂ってきます  私たちが到着した時には、店内に大きな麻袋に入った茶葉の袋がいくつも置いてありました。それは今朝出来上がったばかりの茶葉だと、オーナーが教えてくれました。なるほど、先ほどからの、あのさわやかな香りはこういうわけだったんですね。

店内に飾られている写真には有記名茶の歩んできた歴史がのこされています  展示棚には、色々なギフトセットや、関連商品が展示されています。品茶区でオーナーの親切なおもてなしを受けながら、茶葉や「有記名茶」の歴史について、お話を伺いました。

 「有記名茶」の前身は福建安溪にて、代々お茶を作り続けていたお茶農家だそうで、オーナーの父親の代に台湾で製茶工場を設立しました。精製茶葉の取り扱いに関しては、百年以上の経験があり、台湾における数少ない製茶の専門家の歴史は、そこからスタートしたのです。壁に飾られた製茶に関わる数々のモノクロ写真を指さしながら、これらは全て私たちの歩みを示す貴重なものだと、しみじみ語っていたオーナーがとても印象的でした。


守り続ける伝統的製法

ここでお茶が製造されています  オーナーは私たちを茶葉の製造場所に案内してくれました。店の後ろにある竹製の扉を開けると、やわらかな太陽の光が目に飛び込んできました。茶葉を自然乾燥させるため、製茶区の天井には、大きな窓が付いているのです。コンクリートの壁は飾り気はまったくありませんが、歴史ある素朴な佇まいを感じさせてくれます。

 さらに、製茶区には精製茶業に必要な機械があり、各装置には小さな札が掛けられ、それぞれの名称や機能がはっきりと示されています。オーナーの話によれば、これはお客様が見学できるように工夫したものだそうです。あなたもここを見学すれば、お茶博士になれるかも!?

製茶の工程が写された写真  茶菁(摘みたての茶葉)は初期製法を経た後、基本的な特質がほとんど定着します。しかし、茶葉の生産地や採集時期の気候の違いなどにより、品質に大きな差が生まれるのです。そのため、精製をして品質の安定化を図ると同時に、製品価値を高め、保存期限を長くする必要があるのです。

 製茶は最も細心の注意を必要とするもので、どの段階も決して気を緩めることができないそうです。職人さんによる茶葉選別は、製茶の初段階で行われ、品質を選別した毛茶(原産地で一次加工されたお茶、「粗製茶」とも呼ばれる)を統一した手法で処理します。

 精製の過程は主に茶葉選別、茎取り、ふるい分け、あぶり、風選、混合に分けられます。製品の品質は業者の技術によって異なるため、職人の経験と、その技術の伝承が大事だとされます。


機械を使い茶葉の選別を行います
工程1 斗篩揀梗
 機械の振動を利用して枝などを取き、品質のいい茶葉を選別します。

炭火で茶葉をあぶります
工程2 炭火培茶
 茶葉の特性によって、温度や時間が異なりますが、炭火であぶりを行うと、様々な風味が生まれるほか、茶葉の水分を減らし、安定した品質で長期間の保存が可能になります。

風選機で茶葉を振り分け、余分なものを取り除きます
工程3 風鼓選茶
 炭火であぶりをいれた茶葉を、風選機に入れて、風力を利用して重さで茶葉を振り分けると同時に、さらに余分なものを取り除きます。

乾燥機に入れ、茶葉を乾燥させます
工程4 乾燥機
 茶葉を乾燥機に入れ、熱風を送り、茶葉を乾燥させることで、茶葉に色艶が生まれ、余分な苦味が除去されて香りが十分に引出されます。

同種の茶葉を混ぜ合わせ品質を均一にします
工程5 混合
 同種の茶葉と混ぜ合わせることで、茶葉の品質を均一にします。

茶葉を入れた容器を密封してできあがりです
工程6 茶葉密封機
 茶葉を機械に入れて、振動させながら容器の中に密封します。これで出来上がり!

奇種烏龍茶 (300g/600~3200元)
 奇種ウーロンは俗にいう小種ウーロン茶で、有記茶荘の看板商品です。伝統手法に基づき、上質な包種茶を炭焙煎で精製したもので、お湯を注ぐとやや赤褐色がかったお茶が抽出されます。繰り返し淹れても風味の劣化が少ない茶種です。まろやかで甘く、ほんのりとしたハチミツのような香りが特徴です。

高山烏龍茶 (300g/600~3,200元)
 主な産地は台湾中部の山間で、形は半球状に曲がっており、喉越しが極めて素晴らしいお茶です。お湯を注ぐと透明感のあるお茶が抽出されます。果物のような甘い、芳醇な味わいが特徴です。

東方美人茶(白毫烏龍茶 香檳烏龍茶) (300g/800~3,200元) 
 主な産地は新竹苗栗の一帯で、白毫は大きく太い形をしており、葉は赤、黄、緑が入り混じった鮮やかな色あいです。お湯を注ぐとクリアな橙色のお茶が抽出され、濃厚なハチミツと果実のような香りが漂う、非常にまろやかで奥深い味です。

 オーナーの話によれば、お茶にはカテキン、β-カロチン、ビタミンC、E等の栄養素が含まれており、抗酸化、ガン予防、体内のコレステロールを減らす、免疫力強化等、様々な健康促進効果があるそうです。健康維持のため、食事の後または休憩時にお茶を飲んでみては?

オーナー
オーナー 王連源さんからのメッセージ
 伝統的な製茶技術や、価格の透明化を堅持する経営方式により、最高品質のお茶を適正価格で提供させて頂いております。また、百年にわたる製茶文化を是非見学してみてください。


▲ページトップへ戻る